学校&勉強

スポーツ推薦で、念願の高校の合格しました!

感謝します。熊谷光輝です。

神さまがしてくださった高校の受験についての証しを、させていただきます。

私は、生まれつき心室中隔欠損症(心臓の右心室に穴が空いている)という病とテンカン波があります。

中学へ入学する時、「陸上部に入りたい。」とお母さんに言いました。私は、病があるとは思えないほど普段の生活は、とても元気です。しかし、お母さんは、【陸上は無理なのでは?】と思ったそうです。

私が、「どうしてもやりたい!」というので、お母さんは病院に行き、主治医に相談しました。驚いた事に、あっさりOKが出ました。私が、陸上部を選んだのは、大会以外は日曜日が休めるので、礼拝に出る事ができるからでした。
時々、大会で出られない時は、夜の礼拝か火曜礼拝に出ました。
私と共にいつも主がいて下さり、中学生活の3年間とても充実した素晴らしい時が与えられました。

私が、中学3年になったばかりの頃、顧問の先生から進路のことについて聞かれました。私は【高校でも陸上がしたい!】と思っていました。
だから、先生に聞かれた時に「陸上が、北九州で最も強い[戸畑高校]か、だんだんと強くなってきている[小倉東高校]に行きたいです!」と言いました。

しかし、どちらの高校も私の学力では、合格出来ませんでした。
でも、ど~しても、陸上を続けたいので、【どちらの高校が神さまのみ心かなぁー】と祈っていました。教会でも、祈ってもらいました。お母さんも、一生懸命祈ってくれていました。

ある日、「北九州カリスマ聖会」がありました。
聖会が終わった後で、講師の牧師に祈ってもらいました。
その中で預言を通して「小倉東高校の方がいい。」と言うように語られました。
しかし、いつも、「預言は必ず吟味しなさい!」と言われていたので、祈っていました。

次の日の放課後、いつもの通り部活で練習をしていると、小倉東高校に行っている先輩が来ました。
その先輩が、「どこの高校に行くのか?」と聞かれました。
私は、「戸畑か小倉東か、迷っています。」と答えました。
先輩が「戸畑もいいけど、小倉東は顧問の先生が、とてもいい!」と言われました。その後で、先輩といっしょに部活の顧問の先生の所に行き、相談しました。先生は、「戸畑は、走りもすごいけど、顧問の先生は球技専門だから、走りを極めたいなら、小倉東に行った方がいい!」と言われました。
それを聞いて、私は、「小倉東に行こう!」と決心しました。
この日から、毎日、毎日、小倉東にスポーツ推薦で行けるように!祈りました。

毎日、教会に電話をして感謝の祈りをしています。その時、「スポーツ推薦で、小倉東にイエスさまが行かせてくれる事を感謝します。」と感謝して、牧師にも祈ってもらいました。感謝の祈りと共に、信仰の告白の時も「イエスさまが、スポーツ推薦で小倉東に行かせてくれます!」と告白し続けています。お母さんも、教会のみんなも「アーメン、ハレルヤ!プレイズ・ザ・ロード!」と一段と大きな声で、告白に答えてくれ、一生懸命祈ってくれました。
しかし、小倉東高校からは、なかなか、スポーツ推薦の声がかかりませんでした。でも、私は、諦めずに祈り続けていました。

すると、スポーツ推薦の期間が終わってしまったのに、1月に声がかかりました。私は、そのことを聞くとまず、主に感謝しました。

担任の先生の所に行くと「あんたの為に、沢山の先生が動いてくれた。特に、顧問の先生には、感謝せなよ。」と言われました。

この時、私は、先生方に感謝すると共に、先生方に働いて下さった主に感謝しました。しかし、「スポーツ推薦とは、必ず合格出来ると言った保証はない!」と小倉東高校の先生から言われていたので、祈っていました。

次の日から、塾でも推薦の試験のための練習をして下さり、自分でも遅くまで何度も何度も練習をしていきました。
推薦の試験は、作文と面接です。
慣れない面接や作文に、最初は、落ち着かなかったのですが、祈りながらしていくうちに、すこしづつ出来るようになっていきました。

推薦の試験の前日、風呂に入っている時、ふっと思い出したことがありました。
それは、私が中学2年の体育祭で「スウェーデンリレー」(距離がどんどん、長くなっていくリレー)で、400メートルを走りました。私は、その時、【去年もこの種目で優勝したので、また、大丈夫だろう。】と思いました。

しかし、私は、友達に負けてしまいました。
原因は、前半の200メートルを全力で走って、後半は体力がなくなったからでした。私は、なぜかこの時、【このままの走りじゃだめだ!】と思いました。
それから、私は、走り方を変えて、祈りながら練習をしていました。
すると、中学3年の夏季区内大会で、優勝することが出来ました。

私は、この事を思い出しながら、小倉東高校に行くために、主が今の走りじゃだめだ!との思いを与えて下さって、走りを変えて練習をしていくように導いて下さったのではと・・・必ず、合格させて下さる!と思わされました。
スポーツ推薦の試験当日の作文は、自分の書きやすい題が出ました。

面接は知っている先生がしてくれて、本当に感謝なことでした。

結果は、スポーツ推薦で合格することが出来ました。主に、心から感謝します。

私は、今、小倉東高校の陸上部所属後の目標を決め、その目標に向かって毎日、祈りながら走っています。
これからも、主に期待して目標を達成していきたいと思います。

「見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」
(マタイ28章20節)

Posted in 学校&勉強

2007年の1年を振り返って・・!! No.2

感謝します。 山下恵実です。

 1私達の群れの教会(主の十字架クリスチャンセンター教会)では、「11月を新しい年の月としなさい!」と、主から示され、11月が新年のスタートです。
10月31日(火)が、最後の礼拝になりました。
1年を振り返っての感謝の証しの時が、導かれました。
私は、恵みによって、沢山のすばらしい奉仕が与えられました。
声にあまり自信がない私にとって、信じられない、あり得ないと思っていた奉仕が与えられています。
礼拝の司会の奉仕、「ホーリースピリットチーム」として、礼拝の中の会衆賛美のリード、特別賛美の奉仕、コンサートでの賛美の奉仕や奏楽の奉仕。「北九州ヤング賛美隊」の賛美のリード、と次々に与えられました。
これらの奉仕は、全部、声を使う奉仕です。ただ、主からの恵みと思わされています!??
そして会計の奉仕も与えられました。

【計算できないのに・・・どうしよう】と・・でも、主が言われるならと思い、喜んで奉仕をしています。
でも、一人ではなく、初めはS伝道師と、今は、K伝道師とさせていただいています。
また、白馬キャンプのヤング聖会で、「いのちの冠福岡教会」の奏楽が与えられ、長崎キャンプでは、九州ヤング賛美隊の奏楽の奉仕が、恵みによって与えられました。
それぞれの教会で、微妙に賛美の仕方が違うので合わせられるだろうか?と心配でした。教会でも祈って下さり、私も必死で祈りました。
最初は、頭が真っ白になりましたが、「いのちの冠福岡教会」の賛美隊の方々から、いろいろアドバイスをいただいて、なんとか最後まで奉仕をする事が出来ました。とても、大きな恵みと祝福でした。
学校では、友達、先生などとの人間関係も祝福されました。
各キャンプやコンサートなどのため、授業を休んだり、早引きして、勉強する時間があまりないという悪条件の中にも関わらず、テスト全てをクリアさせて下さり、すばらしい成績を与えてくださいました。
この事も、いまだに、信じられません!
ただ、主の恵みと言うほかありません!
また、恵みによって友達の3人(プラス1人)が救われました。
そして、学校は、保育科の短期大学で、神道の学校にも関わらず、大学祭のとき、Jゴスペルのコンサートも開かれ、祝福されました。

多くの方が賛美に感動していました。
主は、私だけでなく身近な方にも祝福を与えて下さっています。
まず祖母は、今までクジで当たった事がないのに、最新式の炊飯ジャー(IHで、ダイヤモンド釜と書いてありました。)が当たったり、他の催し物でも景品が当たったりしました。
父は、トラックの運転をする仕事をしていますが、会社に置いていたトラックが盗難にあってしまいました。
誰もが「絶対見つからないだろう!」と、言われました。
そして父は「分解されて海外に売られる!」と言って、とても落胆していました。
教会では、無傷でトラックが返ってくるようにと、祈って下さっていました。
父は、いろんな所に仕事に行き、その度に、自作の地図を書いて仕事がしやすいようにしていました。
せめて、その地図だけは、返って来るように願っていました。でも、証拠を残さないために絶対捨てられるだろう!と言っていました。
11月3日(土)、朝早くの皿倉山礼拝が行なわれました。私も恵みによって、参加する事が出来ました。すばらしい礼拝でした。
その朝、父のトラックが見つかったのです!
レーダーなど少し取られた物はあったようですが、父が一番残っていて欲しいと願っていた自作の地図は捨てられずに残っていたそうです。
神さまは、素晴らし~~い!
今、父も母も教会から離れています。
この事が、主の御体なる教会に帰ってくるポイントとなり、家族が教会でともに礼拝ささげる、すばらしいときが与えられる事を信じています。
本当に神様は、この一年、たくさんの祝福を与えて下さいました。
教会にいるだけで、たくさんの恵みです(^-^)
主に感謝しま~す♪

 「いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」
(Ⅰテサロニケ5章16~18節)

「教会はキリストのからであり、 いっさいのものをいっさいのものによって
満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節)

Posted in 学校&勉強

車検が、奇跡の合格に!

感謝します。佐伯真由です。

10月23日(火)、教会の牧師の車を車検のために車検場の陸運局に持って行きました。牧師の車は、乗用車です。走行距離は、9年で18万キロです。

私は、仕事で軽自動車を車検に持っていく事はあっても、乗用車は持って行く事はありませんでした。
乗用車の車検に行くのは初めてでした。
だから、うまく出来るかどうか、とても不安でした。

何日も前から、教会で祈ってもらっていました。
いつも、すご~く緊張するので平安で車検が受けられるように、車検場で後ろに車がずらっと並ばないように、一回でスムーズに合格するように、特にライトが落ちないように・・・と不安な事の祈りの課題をお願いしました。
当日は、牧師ご夫妻と教会の方々が無事、車検に合格するように祈って下さっていました。
車検場に着くと、神さまは祈りに答えて下さり、車検の車は少なくガラガラでした。(仕事で行った時は、沢山の車でこんな事は、ありませんでした。)

レーンに並びました。
レーンに入ったのに、何も始まらないのでどうしたのか?と・・・検査官の方も何も言われないし、一台私の後ろに並んでいる車の方も何も言われないで、じっと待って下さっていました。
よく見ると、後輪の場所に前輪を載せていたのでした。
進んで、定位置に着き、まず、スピードテスト・・・○、次に問題のライト・・・ ライトは、前回の車検から2年も経つと、ライトが右か左か必ずと言っていいくらい、くるって来ます。×が出ると、調整に1,000円かかるので真剣に祈りました。右も左も・・○が出ました。祈りながらも、びっくりしました。感謝でいっぱいでした。ここにも、神さまの御手を感じました。
ここまで、来るといよいよ、最後の排気ガスのテストも安心して受ける事が出来ました。

マフラーに、検査棒をさしました。
・ ・・検査官の様子がおかしいなぁ~と思っていると・・×・・が出てしまい
ました。
【えっ!】がっかり・・しました。
排気ガスの濃度が、高いと言われました。
検査官に「どうすれば、いいですか?」と聞きました。
「5分ぐらい、エンジンをかけたままにして、もう一度来て下さい。」と言われました。

すぐに、教会に電話をして状況を報告し祈ってもらいました。
教会では、この事も祝福して下さり、益になる事を感謝し、徹底的に感謝の祈りをし、喜び、踊って、この事ゆえに主をほめたたえられた
そうです。

なぜなら、牧師宅の車で、礼拝で使用されるPAや、その他の機材が運ばれています。また、ゴスペルコンサートのとき使用するPAやその他の機材も運ばれています。もし、車検に合格しなければ、礼拝や、コンサートだけでなく宣教の働きに、大きく影響するからです。
そのため、車検場を祝福し、検査官を祝福して下さるように、必死で祈られていたそうです。

主人にも電話をして、どうすればいいかをアドバイスしてもらいました。
「クーラーのスイッチを押して、エンジンをかけたらいい。」と言われ、そのようにして、もう一度、排気ガスのテストを受けました。
すると、排気ガスの濃度が300で、検査官が「ギリギリだけど、OKです。」と言われました。
1でも超えると×だそうです。つまり、301になったら、アウトだったのです。

ここにも、神さまの御手がありました。
ほんと~に、感謝でした。
テストの結果の○か×の評価が、出るまで思わず、息を止めて待ってしまいました。
でも、今まで、一回で車検に合格したことはありませんでした。
短時間で、無事車検が終わりました。

一つ一つ、祈りの成就を体験させていただきました。
今までのような、緊張もする事なく、不思議な平安がありました。
○ か×かの結果を待つ間は、ドキドキはしましたが、不安は全く、ありませんでした。
教会の執り成しの祈りのすごさと神さまは、生きておられるなぁ~と改めて思いました。
心から、主に感謝をささげます。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」 (Ⅰテサロニケ5章16~18節)

Posted in 仕事, 学校&勉強