「神のストーリー」(No.261)

≪DOUBLETREE BY HILTON≫

≪ロサンゼルスのリトル東京のAZUSA St感謝と賛美リバイバルキャンプの写真≫

海外で奇跡的に、危険から守られました。!!!≫ 

 

感謝します。

TLEA北九州生ける神の教会のイスラエル岡田です。

「神のストーリー」を、読んで下さり、ありがとうございます。

今日は、「短い秋に感じる教会の祝福」で、「海外で奇跡的に、危険から守られました。」の証を、させて頂きます。

 

以前、海上自衛官として勤務していた時の話です。

護衛艦に乗っていました。

以前、広島県呉市に住んでいました。

リンパックで6か国での合同訓練がありました。

献身をお祈りしている時でした。

夫婦とお祈りしていると、妻の天の喜びの器ハンナさんを通して、神さまから「今回のリンパックは御心です。しかし、危険です。お祈りしなさい。」と語られました。

そのために、教会でもお祈りしていただきました。

リンパックの訓練ので、護衛艦で出発しました。

訓練の合間に、グアム、ハワイ、サンディーゴに、入港しました。

リンパックの訓練中、危険な状況が3回ありましたが、完全に守られました。

とりなしのお祈りを、心から感謝いたします。

護衛艦がサンディーゴに入港したとき、護衛艦からディズニーランド行きのバスツアーがありました。

その時は、2度目でした。

バスツアーの途中、「ロサンゼルス教会の礼拝に出席したい。」と思わされました。

そのため、バスツアーの責任者の方に、「ロサンゼルスに知り合いがいますから、バスを降りていいですか。」とお聞きすると、「はい。」と言われました。

そのため、リトル東京でおろして頂きました。

そして、DOUBLETREE BY HILTONに、宿泊いたしました。

後でわかったのですが、リトル東京は、AZUSAリバイバルの地でした。

≪DOUBLETREE BY HILTON≫

 

ロサンゼルス教会に連絡すると、次の日、教会員の方が迎えに来てくださいました。

迎えに来ていただき、心から感謝いたします。

ロサンゼルス教会の礼拝に出席して、神さまの素晴らしいご臨在に、感動しました。

主の祝福が溢れるばかりに、注がれた素晴らしい礼拝でした。

礼拝が終わって、「インドネシア教会に奉仕に行きます。行かれますか。」と言われたので、「お願いします。」と言いました。

インドネシアの教会でも、溢れるばかりに祝福されました。

すると、「ロサンゼルス教会のフェィ佐々木さん」が、「何で帰りますか。」と聞かれました。

「タクシーで帰ります。」と言うと、「それは無謀です。」と言われました。

そして、「ロサンゼルスからサンディーゴまでは、飛行機で移動する距離です。アムトラックを紹介しましょう。」と言われ、当時大学生の方とアムトラックの駅まで、送っていただきました。

アムトラックに乗り、サンディーゴまで、カルホルニアの海岸線の夕焼けを見ながら、移動し、感動いたしました。

サンディーゴ駅に着くと、タクシーで護衛艦が停泊しているベース向かい、無事に帰艦することが出来ました。

神さまと、教会と、とりなしのお祈りをして下さった方々に、心から感謝いたします。

今回、白馬キャンプでフェィース佐々木牧師とお話ししているとき、「あれは、奇跡ですね。」と言われました。

 

もし、フェィース佐々木さんが、「何で帰りますか。」と聞いて下さらなければ、どのような危険にあったか分かりませんでした。

左側:ロサンゼルス教会 フェイス佐々木牧師」、「右側:ハワイ教会 渕野牧師」 ≪2022年度白馬キャンプのとき:ホテルグリーンプラザ白馬(2022.7.20)≫

 

海外生活の経験もなく、英語を話せませんでした。

海上自衛隊全体に影響を与え、大変な事になっていました。

海外で奇跡的に、危険から守られたことを、神さまに心から感謝いたします。

私の宿泊したホテルに、「感謝と賛美リバイバルキャンプ」で、遣わされ、宿泊いたしました。

そして、AZUSAリバイバルのポイントの地に、再度導かれ、喜びの感動に満たされました。

神さまが、特別な計画を持って導いて下さったことを、思わされています。

献身して、「感謝と賛美リバイバルキャンプ」に遣わされ、多くの祝福を体験しました。

リバイバルのポイントのAZUS Stの日米商工会館で礼拝をささげることが出来ました。

神さまの特別な御臨在がありました。

主の祝福が溢れるばかりに、注がれたことを、心から感謝いたします。

 

左側から2人が、イスラエル岡田牧師」 ≪リトル東京のAZUS Stの礼拝:感謝と賛美リバイバルキャンプ≫

 

「短い秋に感じる教会の祝福」で、「海外で奇跡的に、危険から守られました。」の証を、読んでくださり、心から感謝いたします。

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節)

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節)

「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節)

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節)

 

Posted in キャンプ, 賛美

「神のストーリー」(No.260)

「牧師のご主人と天の喜びの器ハンナさん」 ≪白馬キャンプ:ホテルグリーンプラザ白馬(2022.7.22)≫

2022年度白馬キャンプに参加して。!!!≫ 

2022.8.15

感謝します。

TLEA北九州生ける神の教会の天の喜びの器ハンナです。

「神のストーリー」を、読んで下さり、ありがとうございます。

今日は、「真夏に知った神の愛」で、「2022年度白馬キャンプに参加して。」の証を、させて頂きます。

今年も、長野県で行われた「2022年白馬キャンプ」に参加しました。

とても、素敵なホテルでの2泊3日の日程でした。

着いたその日は、キッズとU21の賛美大会がありました。

北九州生ける神の教会からU-21にGRACEの愛ちゃんが出場しました。

何と、5位入賞しました。

「GRACE」 ≪白馬キャンプ:U-21で5位入賞(2022.7.20)≫

 

毎年、出場していましたが、入賞出来ませんでした。

愛ちゃんは、大喜びでした。

私も、思わず、涙が出てきました。

小さな頃から、歌う事が大好きで、今はコロナ禍で施設などのコンサートに出ていけませんでした。愛ちゃんが、保育園に行っている頃グリンパークでコンサートをした時に、お熱があっても、ステージに上がって、喜んで歌っていました。

そんな愛ちゃんが、今は全チームの奏楽もしてくれます。

礼拝やInstagramコンサートでは、20曲以上奏楽しています。

今回は、Miracleのチームの奏楽者としても、一般の部で出場しました。

MiracleのボーカルのMちゃんが、お仕事で教会に来る事が出来なくて、一度も合わす事が出来ないままの出場でした。

九州大会の時は、金立パーキングエリァで合わせる事が出来ました。

今回は、それぞれが別々に白馬まで行かなければならなくなりました。

愛ちゃんとお母さん、私達夫婦は九州バスに乗せて頂きました。

愛ちゃんは、不安そうでした。

礼拝の特別賛美で、Instagramコンサートの中で、牧師の指示に従って、Miracleの出場曲の「天の故郷にあこがれて」を毎回、奏楽していました。

それを録音して、Miracleに送ってそれでMちゃんは、練習しました。

白馬賛美大会に出発する前日の日曜日の礼拝とInstagramコンサートで、最後のMiracleの出場曲を一生懸命演奏している愛ちゃんを見ながら、演奏を聞きながら、感動して涙が溢れてきました。素晴らしい演奏でした。

最初は、ぎこちなかった演奏で、ちょっと、大丈夫かなと思いました。

しかし、回を重ねる事に、どんどん、上達して奏楽だけなのに、とても、感動しました。

Miracleの結果は、16位でした。

 

「Miracle」 ≪白馬キャンプ:Jゴスペルコンテストファイナルin白馬16位(2022.7.22)≫

 

音合わせと本番の2回しか、Miracleと一緒に合わせることが出来ませんでした。

U-21の5位入賞にも、神さまの溢れるばかりの愛を、体験させて頂きました。

その上に、私は、白馬の帰りのバスの中で、目まいが、起き始めていました。

お薬を飲んでも、気分が悪くてフラフラ状態になりました。

私は、北九州の吉志パーキングエリアでおろして頂いたら、朝までそこで明るくなるまで過ごして、一般道に降りてバスで帰ろうと、主人に言っていました。

そこから、タクシーで5,000円くらいかかり、夜間なので費用が上乗せされると聞いていました。

主人は、山の中だから無理だと言っていました。

体調がいい時は、「大丈夫よ!時間は、あるからゆっくり歩いていけばいいよ。」と安易に言っていました。でも、目まいが、収まらず必死で、神さまに祈りました。

このことも感謝し、このことも益にされますと。

私達より、一日前に帰っていた愛ちゃんのお母さんのSさんから、ラインに連絡が来ました。

「吉志インターまで、迎えに行けます。何時頃に着きますか?」と。

でも、バスがインターに着くのは、早朝3時前なのに、自分たちも疲れているはずなのに、大丈夫かしらと思いました。

でも、バスがインターに着いた時には、すでに愛ちゃんもSさんも、待っていてくれました。

二人の顔を見た時には、嬉しくて、胸がいっぱいになり、涙が出そうでした。

愛ちゃんが、迎えに行くと言ってくれたそうです。

神さまは、こんな素晴らしい愛の形で益にして下さいました。

思わず笑顔になる話「真夏に知った神の愛」の証を、読んで下さりありがとうございました。

 

「Glory of heaven」 ≪第100回Instagram Gospel Concert:日本、世界へ神の愛を配信(2022.8.7)≫

 

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節)

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節)

「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節)

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節)

 

Posted in キャンプ, 賛美

「神のストーリー」(No.259)

≪2022年度白馬キャンプ:ホテルグリーンプラザ白馬(2022.7.21)≫

 ≪2022年度白馬キャンプで祝福されました。!!!≫ 

2022.8.15

感謝します。

TLEA北九州生ける神の教会のイスラエル岡田です。

「神のストーリー」を、読んで下さり、ありがとうございます。

今日は、「真夏に知った神の愛」で、「2022年度白馬キャンプで祝福されました。」の証を、させて頂きます。

「2022年度白馬キャンプ」(2022年7月19日~22日)に、特別な恵みと祝福が溢れていました。

今年の「白馬キャンプ」は、長野県の「ホテルグリーンプラザ白馬」に参加される方390名、オンラインで参加される方169名で行われた素晴らしいキャンプでした。

恵みによって、毎回「2022年度白馬キャンプ」に参加させて頂いています。

私は、アルバイトで道路などの交通誘導をしています。

今年は、日中35度以上の炎熱が続いています。

私は、68歳になったばかりで、体力的にも落ちてきました。

そのため、熱射病や熱中症になりそうな、フラフラの状況で毎日を送っていました。

このような中、雲の間にある虹出版から巻頭メッセージの奉仕の依頼がありました。

スムーズに作成できませんでした。締め切りが、7月29日でした。

「巻頭メッセージ:イスラエル岡田」 ≪雲の間にある虹9月号:雲の間にある虹出版(2022.8.15)≫

 

そのため、白馬キャンプ前には巻頭メッセージを作成して、提出できるように、お祈りしていました。

すると、多くのとりなしのお祈りがあり、白馬キャンプ出発前に、作成して提出する事が出来ました。

神さまと、お祈りして下さった方々に、心から感謝いたします。

ですから、フラフラの状況での白馬キャンプに参加することになりました。

私たち夫婦は、九州の白馬キャンプバスに乗せて頂きました。

今回は、北九州の吉志パーキングエリヤで、載せて頂きました。

自宅からの移動は、タクシーで約5,000円かかる事が分かりました。

そのため、移動が祝福されるように、お祈りしました。

すると、教会のS姉と愛ちゃんもそこに乗られることになりました。

そのため、ご主人が運転して下さり、私たち夫婦も乗せて下さいました。

神さまと、ご主人とS姉と愛ちゃんに心から、感謝いたします。

バスの移動も、大変祝福されました。

移動中、教会のU-21に出場する「GRACE」の「愛ちやん」は、あるパーキングエリヤで、「腰が痛い。」と言いました。

そのため、腰が完全にいやされるように、お祈りさせて頂きました。

すると、「腰の痛み」が、いやされ喜んでいました。

その後は、ぐっすり休むことが出来たそうです。

ゴスペルコンテストU-21の部では、スッキリとして、「LOVE」を、賛美をささげる事が出来ました。

愛ちゃんは、「5位に、入賞して嬉しいです。」と言って、神さまの愛を体験して、溢れるばかりの笑顔で喜んでいました。

 「GRACE」 ≪2022年度白馬キャンプ:U-21で5位入賞(2022.7.20)≫

 

「Miracle」は、「Jゴスペルコンテストファイナルin白馬」に出場し、「天の故郷にあこがれて」を賛美ささげ、16位でした。

 

「Miracle」 ≪2022年度白馬キャンプ:ホテルグリーンプラザ白馬(2022.7.22)≫

 

素晴らしい天の臨在がありました。        

その奏楽は、「GRACE」の「愛ちゃん」でした。

仕事の関係で、なかなか合わせる機会はありませんでした。

そのため、愛ちゃんには、「Miracle」の奏楽を、礼拝の特別賛美で、Instagram Gospel Concertでして頂きました。

その音源で、「Miracle」は練習していました。

そのような、状況でしたが、神さまの愛が溢れるばかりに、注がれ祝福されました。

教会から、6名が参加することが出来、それぞれに祝福を受け、喜んでおられます。

今年の白馬は、キャンプ前に、大雨が許されたこともあり、大変涼しく心地よかったです。

神さまの祝福が、天候にもありました。

この白馬キャンプに、特別な恵みと祝福があり、疲れがいやされ、リフレッシュしました。

今回、このキャンプに、アメリカの宣教師さん全員が参加されました。

以前、私が海上自衛にいる時、リンパックで護衛艦が「サンディーゴ」に入り、バスツアーでディズニーランドに行く途中、ロサンゼルス教会に行くため、リトル東京でおろして頂き、ロサンゼルス教会の礼拝に、参加させて頂き、その後、インドネシア教会の集会に、連れて行っていただきました。

その後、「ロサンゼルス教会」の「フェイス佐々木さん」が、「なんで帰りますか。」と聞かれました。

私が、「タクシーで帰ります。」と言うと、「それは無謀です。飛行機で行く距離です。アムトラックの駅まで、お送りしましょう。」と言われ、大学生の方と、駅まで送っていただきました。カルホルニアの夕焼けを眺めながら、サンディーゴ駅に向かい、タクシーで護衛艦に無事帰ることが出来ました。

もし、「フェイス佐々木さん」が、「なんで帰りますか。」と聞いて下さらなければ、大変な事になっていました。「フェイス佐々木さん」は、「奇跡ですね。」と言われました。

 

左側:ロサンゼルス教会 フェイス佐々木牧師」、「右側:ハワイ教会 渕野牧師」 ≪2022年度白馬キャンプ:U-21で5位入賞(2022.7.20)≫

 

神さまの愛を再び思い出すことが出来ました。神さまに、心から感謝いたします。

ハワイの「渕野牧師」は、妻の、「天の喜びの器ハンナさん」のInstagramの愛妻弁当を見ておられます。「ご主人に代わりに、ありがとうございます。」と言われました。

気さくな方であることを思わされました。楽しい時を感謝いたします。

 

また、チェコから、宣教師と子供も来られていました。

チェコの宣教師さんのサリーさんに、「ウクライナ人道支援日欧合同チャリティーWEBゴスペルコンサート2022」、「素晴らしかったですね。」と言うと、喜んでおられました。

子供さんも、北九州生ける神の教会のInstagramを見られ、「いいね」して下さっています。

妻の、天の喜びの器ハンナさんが、「更新楽しみにしています。」と言うと、「はい」と言われました。

楽しみにしています。

 

「左側:チェコ宣教師 サリー宣教師」、「右側:娘さん」 ≪2022年度白馬キャンプ:U-21で5位入賞(2022.7.21)≫

 

素晴らしい交わりの時も与えられ、神さまの愛を深く体験する事ができました。

各聖会も、賛美、証し、預言、メッセージと、神さまの愛と祝福が溢れるばかりに、注がれました。

天の臨在が、溢れるばかりに注がれた、素晴らしい白馬キャンプでした。

神さまは、群れの教会に「リバイバルが始まった。」と語られています。

今回、メッセージで第二歴代誌20勝15節から、「この戦いは、あなた方の戦いではなく、神の戦いである。」と語られました。

リバイバルの本格的な戦いの中にあり、信仰を用い、感謝し、祈り聞き従う時、神さまの素晴らしい計画が開かれ、奇跡を体験することを思わされました。

7月21日夜の聖会では、司会の奉仕が与えられ、溢れるばかりに祝福されました。

ある参加された方は、「私も愛されているんだ。」と、思わされたそうです。

神さまの愛を体験され、つらい思いから、解放されて、喜んでおられました。

帰りも、九州の白馬キャンプバスに乗せて頂き、祝福されました。

吉志のパーキングエリヤに、着く前に、S姉から、「吉志のパーキングエリヤに何時ごろ着きますか。迎えに行きます。」とラインがありました。

吉志のパーキングエリヤに着くと、S姉と愛ちゃんが、車で迎えに来て下さっていました。

真夜中の3時前だったのに、迎えに来て下さり、感動して神さまの愛を深く体験しました。

タクシーで家まで移動すると、夜間料金となり、大変高額になります。

白馬キャンプの最初から、帰宅するまで、神さまの愛と祝福が溢れるばかりに、注がれました。

今日は、「真夏に知った神の愛」で、「2022年度白馬キャンプで祝福されました。」の証を、読んで下さり、心から感謝いたします。

 

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節)

 

Posted in キャンプ, 賛美