「神のストーリー」(No.269)

「ゴスペルチーム:天の賛美隊・不思議」 ≪遠賀川のGospel Liveの後、喜びに満たされるイスラエル岡田さん(2023.1.3)≫

激しい坐骨神経痛が一瞬に、完全にいやされました。!!! 

 

2023.1.12

 

感謝します。
TLEA北九州生ける神の教会のイスラエル岡田です。
「神のストーリー」を、読んで下さり、ありがとうございます。
今日は、「あふれる神の愛で始まる2023年」で、「激しい坐骨神経痛が一瞬に、完全にいやされました。!!!」の証をさせて頂きます。
素晴らしいことが起きました。
それは、「激しい坐骨神経痛」が一瞬に、完全にいやされた事です。
神様の溢れるばかりの愛を、心から感謝いたします。
私は、アルバイトで交通誘導の警備のアルバイトをしています。
10年以上になります。
12月になって、寒い日が続いていました。
この週は、月曜日から、とてもハードな交通誘導のアルバイトでした。
遠方でのアルバイトや、朝早くから夕方までずっと立ちっぱなしで、交通誘導をしていました。
弁当を持って行っても、食べる間もなく、帰宅してから食べていました。
最近は、急に気温が下がって寒くなり、年齢も精神的には、25才ですが、体に答えました。
身体が硬直し、自由に曲げれませんでした。
その週の金曜日のアルバイトの時は、小雨が降って、冷えていました。
継続的に立つことが出来ず、時々しゃがみながら、交通誘導していました。
帰宅して、夜中に、急激に背中と腰と足に激痛が走り、眠ることが出来ませんでした。
このことも、徹底して感謝して、完全にいやされるようえに、お祈りしました。
次の土曜日の朝、整形外科に行きました。
激痛のため、歩くのも大変で、二つ折りになって歩いていました。
車の運転は、守られましたが、体の激痛のため、病院で診察を待っている時も、「感謝します。感謝します。」と言って、いやしのお祈りをしていました。
診察の結果、お医者さんから、「坐骨神経痛で炎症を起こしています。安静にして下さい。薬を出します。」と言われました。
薬局で、痛み止めの薬を頂き、即飲みましたが、全く効かなく、激痛は激しさを増すばかりでした。
次の日曜日は、激痛のため、車に機材を積んで、礼拝場所に行き、礼拝やコンサートが出来ない状況でした。
そのため、教会でも、九州牧師会でもいやしのお祈りをお願いしました。
そんな中で、妻が、突然、「胃に激痛」が起こり、いやしのお祈りをしました。
すると、お祈りした後、妻の胃の痛みが完全いやされました。
神様の愛は、深く、どのような時にも、お祈りに答えて下さることを体験しました。
12月17日19:00~から、群れの「ザ・ビジョン」主催で、「こころごすぺる」がありました。
ラインで映像配信を受けたのを、パソコンで視聴するため、「アイパット」で聞きながら、セットしていました。
すると、「こころごすぺる」のゴスペルの歌声を聞く中で、突然、体全体の激痛が一瞬に完全に、サッーと消えてなくなりました。
「こころごすぺる」の賛美を通して、強い神さまのご臨在の中で、一瞬に「激しい坐骨神経痛」の激痛が完全にいやされました。
ビックリしました。
いやして下さった神さまに、心から感謝いたします。

 

 

「会場:座、高円寺2(東京都杉並区高円寺)」 ≪こころごすぺる:毎年三回行われるGospel Concert(2022.12.17)≫

 

他の方も、「こころごすぺる」の賛美を聞いている時は、スッキリしたと言っておられました。

その後の「賛美の祈りと練習」「Instagram Gospel Concertのリハーサル」も、大変祝福されました。

日曜日の「礼拝」、「Instagram Gospel Concert」も、神さまが働かれ、溢れるばかりの神さまの愛

と祝福を体験しました。

 

「牧師賛美:天の賛美隊・不思議」 ≪第二礼拝Instagramで配信:日本、世界へ神の愛を(2022.12.18)

 

 

 

「奥さんが一緒に、取りましょうと言われました。」 ≪第二礼拝の後、ご家族と牧師夫婦との記念撮影(2022.12.18)≫

 

神さまからの素晴らしいプレゼントがありました。

礼拝に、家族ずれの方が、ご夫妻と小さな男の子の三人で来られました。

妻が、CS(子供礼拝)で、風のひびき10集のオリジナル賛美「パラダイス」と言う楽しい賛美をしました。

すると、小さな子供さんは、歌に合わせて、小さな身体を右に左にゆらして、踊り始めました。

この姿に、みんな思わず笑顔になって、教会の雰囲気が一変しました。

妻は、歌いながら、心の奥底から喜びが湧き上がって来たそうです。

神様は、溢れるばかりの祝福と、溢れるばかりの喜びを与えて下さいました。

「あふれる神の愛で始まる2023年」で、「激しい坐骨神経痛が一瞬に、完全にいやされました。」の証を読んで下さり、心から感謝いたします。

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節)

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節)

「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節)

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節)

 

Posted in いやし

「神のストーリー」(No.268)

≪喜びに満たされる天の喜びの器ハンナさん(2022.12.24)≫

笑顔の花が一杯。!!!≫ 

 

2022.12.24

 

感謝します。

TLEA北九州生ける神の教会の天の喜びの器ハンナです。

「神のストーリー」を、読んで下さり、ありがとうございます。

今日は、「寒い師走に心温まる話」で副タイトルは、「笑顔の花が一杯。!!!」の証をさせて頂きます。

 

先日、主人が突然、アルバイト中に腰に激痛が走りました。

主人は、交通誘導の警備のお仕事をしています。

最近、とてもハードな内容の所ばかりで、朝早くからずっと立ちっぱなしで交通誘導をしていました。時には、持って行ったお弁当を食べる間もなく、帰ってから食べるような状況が続いていました。

最近は、暖かい日が続いていて、急に気温が下がって寒くなり、年齢的に、体が適応出来なくなってきていました。

金曜日のアルバイトは、腰と左足が痛み、長い時間立つことが出来ず、立ったり座ったりしていました。

夜中から、腰と左足に、激痛が走り、眠れませんでした。

そんな中で、私も突然、胃に激痛が起こりました。

主人が自分の激痛の中にありながら、胃の痛みのいやしのお祈りをしてくれました。

すると、しばらくすると、私の胃の痛みがすっーとなくなりました。

いやして下さった主に、心から感謝いたします。

土曜日の朝、腰と左足に激痛が走り、整形外科に行きました。

待っている時も、激痛が走り、ああ、感謝します。ああ、感謝します。の連発していたそうです。

レントゲン撮影するときも、ああ、感謝します。とうなっていたそうです。

診察の結果、「坐骨神経痛で炎症を起こしています。薬を出します。安静にして下さい。」と言われました。

激痛のため、歩くのも大変で二つ折りになって歩く状況でした。

薬局に行っても、ああ、感謝します。ああ、感謝します。とうなっていたそうです。

早く、薬を飲むと、痛みが和らぐと思っていました。

薬をいただくと、救に飲みましたが、痛みは変わらず、増すばかりだったそうです。

教会の祈りのネットワーク、九州の祈りのネットワークでも、お祈りしていただきました。

主人は、夜の19:00からの「こころごすぺる」を、オンラインで視聴するため、アイパットで聞きながら、パソコンにセットしている時、突然、全身の痛みが完全になくなりました。

「牧師賛美:天の賛美隊・不思議」 ≪第二礼拝Instagramで配信:日本、世界へ神の愛を(2022.12.25)≫

 

その後の「一般向け預言の学び」「賛美の祈りと練習」も、祝福されました。

翌日の主日礼拝のご奉仕も、痛みが全くなく、無事に行うことが出来ました。

それだけではなく、神さまからの素晴らしいプレゼントがありました。

聖音くんと言う小さな男の子が、お父さんとお母さんの三人で礼拝に来てくれました。

 

≪第二礼拝の後、ご家族との記念撮影(2022.12.25)≫

 

CS(子供礼拝)で、群れのオリジナルの「パラダイス」と言う楽しい曲があります。

聖音くんの顔を見た時、この賛美をしようと思いました。

そして、始まると、歌に合わせて、聖音くんは、小さな身体を右に左にゆらして、踊り始めました。

この姿に、みんな思わず笑顔になって、教会の雰囲気が、一変しました。

 

私も、歌いながら、心の奥底から喜びが湧き上がってきました。

素晴らしい、不思議ないやしと、喜びとを下さった神さまに、心から感謝いたします。

「寒い師走に心温まる話」で、「笑顔の花が一杯。!!!」の証を読んで下さり、ありがとうございました。

 

「天の喜びの器:天の喜びの器ハンナさん」 ≪子供礼拝で、「パラライス」を喜びに満たされ賛美をささげる(2022.12.24)≫

 

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節)

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節)

「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節)

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節)

 

Posted in いやし

「神のストーリー」(No.267)

「和歌山県産 コクミノリ果みかん オカジツ農園」 ≪最高においしいミカンです。≫

40年前の友人から、最高の箱入りみかんが届いた。!!!≫ 

 

2022.12.10

 

感謝します。

TLEA北九州生ける神の教会のイスラエル岡田です。

「神のストーリー」を、読んで下さり、ありがとうございます。

今日は、「寒い師走に心温まる話」で、「40年前の友人から、最高の箱入りみかんが届いた。」の証をさせて頂きます。

今回も、12月になって、素晴らしいことが起きました。

それは、40年前の友人から最高の箱入りみかんが届いたことです。

ビックリして、喜びに満たされました。

≪最高においしいミカンをいただき、喜びに満たされるイスラエル岡田さん≫

 

その方は、約40年前、私が海上自衛官として、ある護衛艦に載っていたときの友人です。

その方は、気象にマークの方でした。

私とは、全く違う配置の方でした。

寝室の部屋は、大部屋でその方も同じ部屋でした。

当時私は、イエス・キリストを信じ、2~3年の事です。

イエス・キリストを信じてから、良く聖書を読んでいました。

海上自衛隊の部内の学校をいるときも、護衛艦に載っている時にも、外出の時にも、いつも聖書を持っていました。

そして、暇がある時には、いつも聖書を読んでいました。

現在も、聖書を常に持ち歩いて、読んでいます。

その方は、海上自衛隊を定年退職され、農協に就職されました。

その職場で、旅行の添乗員として、ヨーロッパを行く機会がありました。

そのとき、それぞれの教会に行く度に、海上自衛隊にいるときに、私がよく聖書を読んでいたことを、思い出され、どうしても話がしたいと思われました。

家に帰られてから、NTT関係の友人を通して、私が住んでいた広島県中を探されました。

次に、北九州全域を探されましたが、なかなか見つかれませんでした。

私の兄が長崎県にいることを知っておられ、兄は建設業をしていたので、兄を通して、探そうとされましたが、見つかりませんでした。

ある時、私が海上自衛隊のいる時、広島県呉市に住んでいたので、呉にある教会を探されました。

行かれた教会には、「海上自衛官だった方はおられましたが、そのような方は知りません。

しかし、OOO教会に行かれてはどうですか。」と言われ、その案内された教会に行かれました。

すると、牧師夫人が「岡田さんと言う方は、今はおられません。少しお待ちください。」と言われ、調べて下さいました。

そして、私の電話番号が分かり、電話して来られました。

私は、ビックリしました。

その方は、私の当時の事をよく知っておられ、熱心に話しておられました。

私が、聖書をよく読んでいたこと。

お祈りしていたこと。

教会に行っていたこと。を熱心に、話されました。

私は、忘れていたのですが、この方が当時、私の部屋に泊まられたことも、覚えておられました。

その方もの上司の方の所に行かれた時、私の事を話されたそうです。

すると、その方の上司の方も、以前、私が神さまに熱心で、その上司の方の問題についてお祈りすると、そのことが解決したことを覚えいおられました。

このこと以来、ご夫妻に、神さまの祝福が溢れるばかりに、注がれるようにお祈りしていました。

 

「牧師賛美:天の賛美隊・不思議」 ≪第二礼拝Instagramで配信:日本、世界へ神の愛を(2022.12.25)≫

 

すると、ご夫妻は、イエスさまを信じ救われ、永遠の命が与えられました。

このことが神様からの最高の贈り物でした。

 

「メッセージを取り次ぐ:イスラエル岡田さん」 ≪第二礼拝Instagramで配信:日本、世界へ神の愛を(2022.12.25)≫

 

神さまに、心から感謝いたします。

この方は、今、和歌山の空港に勤務されています。

今回も、12月に入って、この方から、「最高の箱入りミカン」の最高の贈り物が届きました。

みかんは、その方の奥さんの実家で作られているミカンで、潮風を浴びた美味しいミカンです。

有名な美味しいミカンです。

妻は、「箱入りミカンをください。」とお祈りしていました。

私達夫婦は、素晴らしい心温まる最高の贈り物にびっくりしています。

お会い出来る時を、心から楽しみにしています。

「寒い師走に心温まる話」で、「40年前の友人から、最高の箱入りみかんが届きました。」の証しを読んで下さり、心から感謝いたします。

これで、愛を終わらせていただきます。

 

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節)

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節)

「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節)

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節)

 

Posted in 感謝