神のストーリー(No.209)

209

「聖所から流れる命の水」

«北九州空港のコンサート»

「九死に一生を得る」

感謝します。

天の喜びの器ハンナです。

「九死に一生を得た」証しをさせていたきます。

 

【手遅れになるところが】

私は、子供の頃から体が弱く、よく寝ていました。

小学校に上がる半年前くらいの時、母が父に、「みんなが色が白いとよく言われるけど、顔色が悪いから、ボーナスをもらったら病院に連れて行ってやって。」と言ったそうです。私の幼い頃は、家が貧しくて母は、私の体調が気になっていても、すぐには病院には連れて行ってやれないのを気にしていたようです。父に連れられて、病院に行き検査をしました。お医者さんは「もう少し遅かったら、手遅れになるところでしたよ。人の血の半分しかありません。」と言われたそうです。

 

【病院通いが】

それからは、幼稚園ではなく、病院通いが始まりました。

毎回、病院に行く度に、耳を少し切って血液検査をするのですが、病院に行くのが嫌でたまらなかったのを覚えています。

貧血症状は、お部屋がぐるぐる回って起きておれなくなり、お手洗いに行くのも大変でした。血が増えると鶏のレバーをよく食べらされました。まずくて吐き出すので、母の見張り付きでした。

だから、いまだに、病院もレバーも大のにがてです。

 

【弱さの中で】

学校の先生や近所の人に体が弱い子と言われ、就職先でも、体が弱い人と言われていました。何か行事があると、その後必ず、寝込んでいました。

行かない病院がないくらいで、まるで、病気の問屋のようでした。

就職先が、キリスト教系の養護施設だったので、そこで、神さまに出会いました。主人の転勤を通して、主の十字架クリスチャンセンターの群れに導かれて、主人が献身して牧師になり、毎週礼拝に出ている中で、気づかされた事がありました。それは、あれだけひどい貧血も、一年に一度は必ず、扁桃腺になって1週間から

10日間くらい寝込んでいたのに、それがなくなっていました。

足が弱いので、よく捻挫をして腫れあがって整形外科にもよく行きましたが、それもなくなりました。

 

209-1

【薬がいらなくなる】

胃腸が弱く、常にお薬を持ち歩いていました。時々、ひどい頭痛が起きていたので、痛み止めも、常に持ち歩いていました。

だから、私のバックには、沢山のお薬が入っていました。

それが、ほとんど、なくなったのです。教会にいるだけで、弱かった私の身体が強くされたのです。北九州に遣わされて、18年目に入りました。

が、その間、病院には、ほとんど行っていません。

 

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」

 

いやして下さった神さまに、心から感謝いたします。

 

209-2

Posted in いやし

「神のストーリー」(No.208)

001

≪イスラエル岡田牧師:中央≫
「2015年夏白馬キャンプ:ホテルグリーンプラザ白馬」
≪高血圧のいやしの話!!!≫

感謝します。

私は、北九州に住んでいるイスラエル岡田と言います。

今日は、「これは神さまだ!と思った瞬間」で、「高血圧になり、血圧が200以上で、苦しかった方の完全ないやしの証しをさせていただきます。 私は、恵みによって、北九州生ける神の教会の牧師として、立てられています。

私は、教会員の方や、いろんな方の問題に対する解決のお祈りをさせていただいています。

神さまは、祈りに答えて下さり、あらゆる病をいやし、問題を解決して、素晴らしい働きを成しておられます。

その中で、「これは神さまだ!と思った瞬間」が何度もありましたが、日の一つです。

2~3年前のことです。

わたしは、アルバイトは警備員で、交通誘導の仕事をしています。

その時は、国道の舗装工事で、昼食も食べられないほどのハードな仕事で、疲れていました。

そのアルバイトが無事終了して、帰っている時、突然、携帯電話が鳴りました。

そのため、車を道路の横に留め、電話に出て見ると、教会員の方からでした。

その方は、「牧師さん。高血圧になり、血圧が200以上で苦しいです。お祈りして下さい。」と言われました。

そのため、この事も感謝して、いやしのお祈りをさせていただきました。

「天のお父様、この方は高血圧で、苦しんでおられます。

このことを感謝致します。どうかこの方の高血圧を、完全にいやして下さい。

イエス・キリストの御名によって、いやされよ。いやされよ。いやされよ。とお祈りしました。

すると、神さまが働かれ、体が楽になられ、25分後には通常の血圧の125になっていました。

これには、びっくりしました。そして、まさに、神さまだ!と、思いました。

素晴らしい神さまの御業に、心から感謝致します。

002

群れの教会では、聖書に書いてあるように、神様のいやしがあることを信じ、いやしのお祈りをしています。ですから、沢山の病のいやしが起きています。
聖書のイザヤ53章5節に、「彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。」とあります。
病は、イエス・キリストの十字架の恵みによって、今も頻繁にいやしが起きています。
そして、多くの方の病がいやされ、病の苦しみから解放されています。
この教会でも、約3年間に、「心筋梗塞」「激しい腰痛」「膝の痛み」「心臓病」「身体のしびれ」「緑内障」「花粉症」など、750件以上の病が、次から次へと、いやされています。
その沢山のいやし、北九州生ける神の教会のいやしのブログに載っています。
主の御名をほめたたえます。
今日は、「これは神さまだ!と思った瞬間」で、「高血圧になり、血圧が200以上で、苦しかった方の完全ないやしの証しを呼んで下さり、ありがとうございました。
神さまに、心から感謝致します。

003

「彼(イエス・キリスト)の打ち傷によって、私たちはいやされた。」(イザヤ53章5節)
「すべての事について感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられる事です。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

 

Posted in キャンプ

「神のストーリー」(No.207)

009

 ≪イスラエル岡田牧師≫
「ハリウッドの路上ライブの写真です。」
     ≪感謝と賛美とリバイバルキャンプに行った時の話!!!≫
感謝します。
イスラエル岡田と言います。
「感謝と賛美とリバイバルキャンプに行った時の話」をさせていただきます。
経済の訓練に入ってからは、なかなか海外派遣に行けませんでした。
そのため、海外派遣に行けるように、お祈りしていました。
すると、2012年8月の北九州生ける神の教会のデイキャンプの礼拝の時に、「感謝と賛美とリバイバルキャンプに遣わす。」と、神さまから語られました。
不思議な事が起き、このキャンプに遣わされることを、思わされました。
このキャンプは、アメリカのカリフォルニア州のロサンゼルスに遣わされるチームです。
このキャンプには、誰でも行くことが出来ます。
デイキャンプで、「感謝と賛美とリバイバルキャンプに遣わす。」と語られたので、徹底して感謝して、祈り、告白しました。
すると、2013年2月5日に、
長崎市の西坂公園で行われた「26節人殉教記念聖会」が終って、26聖人記念館の玄関で、雨宿りしている時、留守電が入っている事に、気が付きました。
その方に、電話すると「イスラエル岡田牧師は、感謝と賛美とリバイバルキャンプに行かれますか。」と言われました。「はい。」と答えると、神さまに示されるので「感謝と賛美とリバイバルキャンプの費用の献金をします。」と言われました。
びっくりしました。
そして、喜びに満たされました。
次の日に、郵便局に行って見ると、通帳に多額の献金が入っていました。
ビックリして、涙が溢れて来ました。
派遣の手続きもスムーズに行うことが出来ました。
このキャンプは、
世界の感謝と賛美の器であるマーリー・キャロザーズ師のセミナーを聞きに行くこと。
アズサリバイバルが始まった「ボニーブレアハウス」での祈りこみ。
ハリウッドでの路上ライブ。
チャチオンザウエイ教会のブレアハウスでの祈りこみ。
ディズニーランドやユニバーサルスタジオにいく。
が目的のチームです。
世界の感謝と賛美の器であるマーリー・キャロザーズ師のセミナーは、全員で行きました。
このセミナーで溢れるばかりの祝福を受けました。セミナーでは、マーリン師の質問に、答える時がありました。マーリン師がカネギーホールでされたメッセージの内容についての質問で、それに答えることが出来記念となりました。また、マーリン師と共に、記念写真を撮ることが出来ました。
マーリン師が、召天されたので、このセミナーが最後のセミナーとなりました。
メッセージは、「一人が100万人をイエス様のもとに。」でした。
マーリン師は、神さまに示されたそうです。

010

≪マーリン・キャロザズ師と記念撮影:イスラエル岡田牧師≫
アズサリバイバルが始まった「ボニーブレアハウス」では、世界のリバイバルの器のキャサリン・クールマンの講壇の前でお祈りすることが出来ました。

011

≪ボニーブレアハウス:イスラエル岡田牧師≫

ハリウッドでの路上ライブでは、その日、多くの方が「チャチオンザウエイ教会のブレアハウスの祈りこみにいたれたので、北九州生ける神の教会の賛美隊と四日市教会の賛美隊とJoyちゃんでした。そのため、PAを用いて、大胆にゴスペルを賛美することが出来、記念となりました。

009

「ハリウッドの路上ライブの写真です。」
「ボニーブレアハウス」で、リバイバルが始まり、人々が増えて行き、床が抜けたので、「日米商工会館」に教会が移りました。
そこのことは、知りませんでしたが、宿泊したダブルツリーヒルトンホテルのフロントにいると、ある方々が、「私たちの用心棒になって下さい。」と言われ、一緒に行って見ると、なんとそこは「日米商工会館」で、アズサリバイバルの発祥のポイントの場所でした。
そこで、礼拝し、祈りこむことが出来ました。
神さまの導きに、驚きました。
各聖会も、神さまの素晴らしいご臨在があり、神の言葉を受け、溢れるばかりの祝福を受けました。
ゴスペルショウケースでは、アメリカで有名なゴスペルのプロデューサーのプラザスチィブさんが、スタッフの方を連れて来られ、ゴスペルと聞き評価してくださり、ゴスペルシンガーの賛美を聞くことが出来ました。また、ノルウェーの子供たち100名以上のゴスペルを聞くことが出来、感動しました。
また、焼き肉弁当など、美味しい食事も頂くことが出来ました。
このような素晴らしい海外派遣チームに遣わされ、神さまを信じて良かったと思いました。
神さまに、心から感謝致します。
「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節)
「すべての事について感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられる事です。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

Posted in 海外宣教