賛美

「神のストーリー」(No.232)

  
「天の賛美隊・不思議」 
   ≪Instagramゴスペルコンサート:日本、世界へ神の愛を≫

        ≪神さまの働きが祝福されています。!!!≫

感謝します。
北九州の岡田です。
思わず笑顔になる話しをお聞きくださり、ありがとうございます。
今日は、「コロナでもこの上もない喜び」で、「神さまの働きが祝福されています。」のお話しをさせて頂きます。
TLEAの群れの教会の恵みで、TLEA北九州生ける神の教会の働きも、祝福されています。
コロナがまん延するようになり、施設などのコンサートが出来なくなりました。
この事も、徹底して感謝して、祈り聞き従う時、「Instagramゴスペルコンサートをしなさい。」と、語られました。
「Instagramゴスペルコンサート」のテーマ―は、「日本、世界へ神の愛を」としてスタートしました。今回で、「18回目のInstagramゴスペルコンサート」となりました。
Gospelチームの意識が、北九州市を中心でしたが、コロナも益になり、Instagramゴスペルコンサートを行うになり、日本、世界へ神さまの愛を届けるようになり、祝福されています。常連さんがおられ、日本だけでなく、世界の方々も聞いて下さっています。

「聖所から流れる命の水」 
   ≪Instagramゴスペルコンサート:日本、世界へ神の愛を≫
以前、ゴスペルコンサートに来られ、一緒に賛美されていた方に、紹介すると、視聴して下さり、ハートマークをどんどん出しておられます。「また、一緒に賛美したいです。」と言われました。この方は、お母さんが亡くなられ、心に衝撃を受けられましたが、コンサートの中でいやされ、喜びに満たされておられます。
ある方は、「賛美に、感動しました。」と言われました。
「Instagramゴスペルコンサート」の中で、Gospelチームの方の「肩がパンパン張り、激しく痛かった」のが、コンサートが終わって、完全にいやされたことに、気が付かれ、神さまをほめたたえました。Gospelコンサートも、コロナでもこの上もない喜びに満たされています。
コロナの事を、徹底して感謝し、祈り聞き従う中で、毎週、各家庭の電話での祈祷会が行われ、溢れるばかりに、祝福されています。
「オンラインの教会員の方」の電話での祈祷会は、毎週、水曜祈祷会に、アイホンで行われ、祝福されています。経済だけでなく、家族の方も祝福されています。
この方は、主日礼拝をオンラインで、毎週参加されるため、新しい職場に変わられました。すると、前の職場以上に、祝福されています。
最低でも3件、普通で5件、それ以上契約が取れるように、電話での祈祷会でお祈りしました。すると、最低でも3件、普通で5件、最高で8件取れたそうです。
神さまに、心から感謝いたします。
「中国地区の方」の電話での祈祷会では、お祈りがどんどん答えられ、家族が祝福されています。今回は、夜中の2時ごろ、「激しい下痢」になられました。
教会に電話して、いやしのお祈りしてもらおうと思われましたが、ご迷惑になると思われ、ご自分で、「神さま助けて下さい。下痢を完全にいやして下さい。」と、叫びのお祈りされました。すると、速やかに、「激しい下痢」がいやされ、びっくりしておられました。
ご自分で、神さまに叫んでいやされたのは、初めての体験だったそうです。
信仰が引き上げられています。神さまに、感謝いたします。


「Glory of heaven」 
   ≪Instagramゴスペルコンサート:日本、世界へ神の愛を≫

教会員の方の「S宅」の電話での祈祷会では、。お母さんと娘さんが毎週参加しておられました。しかし、今回は、二人とも用事ができ、参加できませんでした。
電話に出られたご主人に、「電話の祈祷会です。賛美しませんか。」言うと、「はい。」と言われ、約40分お祈りすることが出来ました。この方は、救われていますが、長い間教会に来られていませんでした。
「北九州カリスマ聖会」には、教会に来れていない方が、久しぶりに来られ、祝福されました。教会のGospelチームの「GRACE」は、「TheVision WEB FASTIVAL」に、出演させていただき、「すごくよかった」と、コメントがありました。


「GRACE」 
   ≪TheVision WEB FASTIVALに、出演≫

コロナの関係で、「教会経済」についても、徹底して感謝し、お祈りしました。
すると、教会経済が祝福され、「新しい高性能のパソコン」が与えられました。
快調に、操作することが出来、溢れるばかりに、祝福されています。
妻は、ストレスフリーと言っています。
ある方から、いやしのお祈りの電話がありました。いやしのお祈りを通して、主が触れておられました。神様が、電話をご主人に代わっていただくように導かれました。
ご主人に変わられ、「祝福のお祈りをします。イエス様を信じる祈りです。よろしいですか。」と、言うと、「はい」と言われ、日本男児のようなご主人でしたが、明確に救われ、永遠の命が与えられました。あとで、奥さんは、「主人は、誰が何を言っても、なかなか救われませんでした。」と言って、びっくりしておられました。
「コロナでもこの上もない喜び」で、「神さまの働きが祝福されています。」のお話しをお聞き下さり、ありがとうございました。
これで、お話しを終わらせて頂きます。

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節)
「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節)
「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節)

Posted in 賛美, 賛美&コンサート

飛び上がって、喜び踊ったとき、奇蹟が起きました!!!

白馬ゴスペルコンテスト北部九州予選にて:Glory of heaven

白馬ゴスペルコンテスト北部九州予選にて:Glory of heaven

感謝します。佐伯真由です。

いつも、すばらしい主のみわざに、感動しています。

私は、主に賛美をささげることが、大好きです。

ときには、落ち込む事がありますが、賛美隊として、
どんどん出て行き、神様の愛を伝えて行きたいと思います。

4月10日(日)、「白馬ゴスペルコンテスト北部九州予選」が行われ、
北九州生ける神の教会から、8チームが参加しました。

移動は、教会でまとまって、祈りながら移動する事ができ、
迷わずスムーズに、移動する事が出来ました。

教会の恵みに、心から感謝します。
リハーサルが終わって、教会の参加チームで、賛美大会のため祈る時が導かれました。
賛美大会は、17:30から始まりました。
教会から出場した、他のチームのギター奏楽の奉仕をしているうちに、

「私のような者は、この場所に立つ資格がない。」という思いがして、落ち込みました。
このことを徹底して感謝し、悔い改めました。
会場の出口のところにある扉と扉の間で、

「資格はないけど、長崎に行き、白馬ゴスペルコンテスト九州予選に参加したい。」

という、強い思いが湧いてきました。
そのため、お手洗いに行き、神様のあわれみを求めて、

徹底して感謝し、飛び上がって喜び踊りました。
その後、舞台に立ち、賛美を捧げる事が出来ました。
結果発表は、10位から発表されました。
「白馬ゴスペルコンテスト北部九州予選」から、九州予選に出場するのは、7チームです。

順位が発表され、北九州生ける神の教会からも、

7位、6位、2位と、三チーム呼ばれ、

私は、発表されていく内に、「もうだめだ!」と、絶望感に打ちひしがれました。

しかし、徹底して感謝しました。

すると、1位「Glory of heaven」と呼ばれ、本当に驚きました。
すばらしい神様のあわれみに、心から感謝します。

「いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。」(ピリピ4章4節)

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節)

Posted in 奇跡, 賛美