祈り・願い

「神のストーリー」(No.211)

「最高の車が与えられ喜ぶ。:イスラエル岡田」

<最高の車が与えられました。!!!>

私は、イスラエル岡田と言います。
北九州に住んでいます。
恵みによって、教会の牧師として、立てられています。

約、2年半まえに「新しい最高の車が与えられた」時の話しを、させていただきます。

今まで乗っていた車は、カローラ―の新車で、17年間乗っていました。
走行距離は、何と35万kmでした。
ある方は、「カローラ―のお店に、表彰してもらったらいいですよ。」と言われました。
それほど、良く乗りました。
この車は、教会の礼拝やコンサート、そして警備のアルバイトで大活躍してくれました。
思い出深い車です。
祈りの中で、神さまはこの車を守り、祝福して下さいました。
車検も、毎回受ける事が出来ました。
そして、毎回の修理費用も与えられました。
ところが、この最近、エアバックが故障し、クラクションが鳴らなくなり、エンジンオイルも漏れるようになりました。エアコンは1年以上が効かなくなり、修理不能でした。電気系統にも、異常出ました。
限界に来ていました。
車検が10月の末日で、どうしょうもなくなり、この事を徹底して、感謝し、次の車が最高の車が、速やかに与えられるように、真剣にお祈りしました。
カローラ―の中古店に行って、御心の車はないか、捜していました。
すると、10月に入って、フロントガラスに亀裂が40cmぐらい入り、ガムテープを貼りました。しかし、走る度に、亀裂が大きくなっていました。高速は走れません。
どうしようもなくなりました。
この事も徹底して感謝し、中古店に行くと、営業の方が、最高の車を紹介して下さいました。
それは、カローラ―のアクシオで、性能が最高のクラスの物でした。
走行距離が4万8000kmのでした。
前に使われた方が、丁寧に乗っておられ、新車のようでした。

教会の方は、「イスラエル牧師、相当嬉しいでしょう。」と言われました。
神さまは、全てを知っておられ、最高の車を与えて下さいました。
警備員の方で、車で一緒に移動した方が、「岡田さん、クーラーが効くのは、いいですね。」と言われました。
この方は、真夏に、エアコンの効かない激しい暑さの中で、大変な思いをされていました。
申し訳なく思っていました。
また、九州牧師会&長崎カリスマ聖会に出席するために、一般道で7時間くらいかけて移動していました。妻が、エアコンが故障のため、「顔にあせもが出来たのは、初めて!」と言っていました。
新しい車は、オール・オートマチックの車で、最高の車です。
ある方が、以前車購入のためにと一部捧げて下さっていました。
そして、祈り続ける中で、特別な収入が入り、購入するための費用が満たされました。
素晴らしい最高の車を与えて下さった神さまに、心から感謝致します。

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節)
「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられる事です。」(Ⅰテサロニケ5章18節)
「神を愛する人々、すなわち、神の計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節)

Posted in 祈り・願い

「神のストーリー」(No.204)

002

≪イスラエル岡田牧師:左から3人目≫

「感謝と賛美とリバイバルキャンプ:ハリウッドのライブ」

「プロジェクターが与えられた」

ハレルヤ!!!
感謝します。
今回、「プロジェクターが与えられた」証しをさせていただきます。
私は、北九州に住んでいる、「イスラエル岡田」と言います。
教会では、神さまから「21世紀型の礼拝体制にしなさい。」と語られていました。
礼拝は、以前からOHPを用いて行っていました。
ですから、OHPフィルムを買って、パソコンで賛美シートを作成していました。
そのため、多額の費用と時間がかかっていました。
その奉仕を牧師夫人である妻が、行っていました。
この事も感謝し、プロジェクターが与えられるように、お祈りしていました。
プロジェクターの取り扱い方も大変で、自分たちには難しいと思っていました。
ところが、突然、教会員の方が、「神さまに示されたので、プロジェクターを献品します。」と言われました。この方は、「インターネットショッピングのオークションで、3,000円くらいで落とせたら。」と言われました。
しかし、約7,000円で購入して献品されました。メーカーは、エプソンのほとんど新品でした。
この方は、届いたプロジェクターを喜んで持って来られました。
土曜日の賛美の祈りと練習の後、プロジェクターをコンピューターにつないで、作動確認をしました。映写されるのを見て感動し、妻とその方と共に、思わず拍手して喜びました。
この時は、群れの教会がイスラエルチームに遣わされている時でした。
イスラエルチームでは、ガリラヤ湖畔で新年礼拝が行われ、「あなたとともにいるこの民はみな、主のわざを見るであろう。わたしがあなたとともに行なうことは恐るべきものである。」(出エジプト記34章10節)が語られた時でした。群れ全体が新しい年になり、教会も新しくされました。
この時に、新しい一歩を踏み出させて下さった主に、さらに、「恐るべきみわざ」を、期待して祈っていきたいと思います。

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節)
「すべての事について感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられる事です。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

Posted in 祈り・願い

「神のストーリー」(No.203)

002≪イスラエル岡田牧師:前≫
「感謝と賛美とリバイバルキャンプ:ハリウッドのライブ」
「感謝して得した話し」

ハレルヤ!!!

感謝します。

今回、「感謝して得した話し」をさせていただきます。

私は、北九州に住んでいる、「イスラエル岡田」と言います。

牧師として遣わされ、16年になります。

先週の土曜日の夜の事です。

教会では、土曜日の19:00から「賛美と祈りと練習」があり、大変祝福されました。

「賛美の祈りと練習」が終り、翌日の礼拝のための週報を作りました。

週報を、パソコンのプリンターで、印刷していると、突然、プリンターが故障してしまい、一部だけしか印刷しなくなってしまいました。

印刷すると、用紙の8/1だけ、 5/1だけ 、3/1だけ 、半分だけ印刷すると、さ~っと出て来ていました。

それを何回も繰り返していました。

時々、正常に表のみ印刷することがありました。

「出来た。」と喜ぶと、また、同じことの繰り返しでした。

この事を、徹底して感謝して、プリンターが正常になって、速やかに週報が出来るように、お祈りしました。

しかし、プリンターは壊れたままでした。

からくも、何回かに1度、正常に印刷されるものがあり、2~3時間かけて、印刷機を使って、何とか週報を作ることが出来ました。

そして、徹底して感謝して、この事も益になる事を告白しました。

このプリンターは、購入して1か月もたっていません。

次の日の夕方、プリンターを購入したお店に電話し、状況を話すと、「プリンターを持って来て下さい。」と言われました。それとともに、印刷の失敗したものを一緒に持って行きました。

説明すると、即、「新しいプリンターに交換しましよう。」と言われました。

定員さんが、「インクはいつ変えましたか。」と言われました。

「カラーのインクは、昨日変えたばかりです。」と言うと、そのインクを返して下さいました。

黒のインクは、ほとんどない状況でした。

新しいプリンターには、黒インクとカラーのインクが付いています。

ですから、2本分を現金に換算すると、約5,000円なります。

ですから、約5,000円も得したことになります。そして、プリンターも新しくなりました。

プリンターの故障を、徹底して感謝することによって、すべてが益となり、プリンターが新品になり、インクも新しいのが付いていて、得をしました。

主に、心から感謝いたします。

 

「すべての事について感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられる事です。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

Posted in 祈り・願い