教会の恵み

「神のストーリー」(No.201)

akashi1

≪イスラエル岡田牧師:前列≫

「夏の白馬キャンプ2014年:ホテルグリーンプラザ白馬」

「最悪の問題が、圧倒的な勝利に」

 

ハレルヤ!!!

感謝します。

今回、「人生で叫んだ話し」をさせていただきます。

私は、北九州に住んでいる、「イスラエル岡田」と言います。

この北九州に遣わされ、16年になります。

私の自動車も、購入して16年目になります。私の車は、カローラ―で、走行距離は33万キロを超えました。

ある方に、「ギネスブックに乗りますね。」と言われました。

何か所か悪くなったところは、ありましたが、新しいのに交換して、快調に走っています。

ところが、昨年の10月の車検の時、ブレーキ関係のパワーポンプから油がにじみ出るようになりました。また、エンジンのパッキンからオイルがにじむようになりました。

タイヤはつるつる寸前でした。

車検の費用は、毎日、徹底して感謝して、喜び、叫んでお祈りするとき、与えて下さいました。

神さまが、車検の費用を与えて下さった事を、心から感謝しました。

しかし、パワーポンプの油のにじみとエンジンのパッキンからのオイルのにじみは、洗浄することによって、車検に合格することが出来ました。タイヤもぎりぎりで車検を合格しました。

ですから、安全に走行するためには、悪い所を修理することが必要でした。

車検後、特に、パワーポンプの油にじみは、激しくなりボタボタと漏れつづけていました。

駐車場には、油が毎日毎日ボタボタと溜まり、洗剤で何度も洗い、水を流しても、油がにじみ出て来ていました。駐車場に、油が浸透していたのです。

この事も、毎日、徹底して感謝して、喜び、速やかに修理が出来安全に走れるように、叫びお祈りしました。

走行距離は、毎日30~50kmありました。

教会の牧師の奉仕だけでなく、アルバイトの警備の仕事もハードで、毎日、日没過ぎまでありました。

そのような中で、毎日、徹底して感謝して、喜び、速やかに修理が出来安全に走れるように、叫びお祈りしました。

すると、ある方から妻に、「12、12、12・・・と神さまに示されます。ですから、捧げます。」と、電話がありました。

そのことを、妻から電話がありました。

私は、「12、12.12・・・・・」と言うのは、12万円だと思っていました。

しかし、仕事の休み時間に、近くの郵便局に行ってみると、多額の献金が入っていました。

びっくりして、思わず感動して、涙が出て来ました。

その献金は、私の思いをはるかに超える多額の献金だったのです。

この方は、電話してみると、「早く捧げなければならない。12月中に、速やかに捧げなければならない。」と、思わされたそうです。

神さまは、素晴らしい方で、最悪な状況をご存じで、早急に修理費用を与えて下さいました。

神さまに、心から感謝します。

即、車の修理会社に電話して、部品を取り寄せてもらい、修理することが出来ました。

パワーポンプの部品、エンジンのパッキンそして、タイヤも新しい物に、交換して頂きました。

しかし、パワーポンプの油漏れの修理は、完全ではなく、まだ漏れたので、再度、修理することになり、その後は、油漏れは完全に止まりました。

ハレルヤ!!!感謝します。

その費用も、上回る献金でした。

そのため、教会の礼拝や、コンサートなどで使用する、スピーカーが1本壊れており、キーボードも壊れていたので、新しい物を購入しました。

それだけでなく、冬の白馬キャンプの費用も与えられ、驚くべき祝福が与えられました。

最悪の問題を、毎日徹底して感謝し、喜び、叫び、お祈りする時、素晴らしい神さまの奇跡と圧倒的な勝利を体験しました。

神さまの祝福が溢れるばかりに、注がれている事を、心から感謝いたします。

皆様の上にも、神さまの祝福が溢れるばかりに、注がれますように。

 

 

 

≪北九州空港のコンサートにて≫

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

「いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。」(ピリピ4章4節)

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ人への手紙8章28節)

「夏の白馬キャンプ2014年:ホテルグリーンプラザ白馬」

「最悪の問題が、圧倒的な勝利に」

 

ハレルヤ!!!

感謝します。

今回、「人生で叫んだ話し」をさせていただきます。

私は、北九州に住んでいる、「イスラエル岡田」と言います。

この北九州に遣わされ、16年になります。

私の自動車も、購入して16年目になります。私の車は、カローラ―で、走行距離は33万キロを超えました。

ある方に、「ギネスブックに乗りますね。」と言われました。

何か所か悪くなったところは、ありましたが、新しいのに交換して、快調に走っています。

ところが、昨年の10月の車検の時、ブレーキ関係のパワーポンプから油がにじみ出るようになりました。また、エンジンのパッキンからオイルがにじむようになりました。

タイヤはつるつる寸前でした。

車検の費用は、毎日、徹底して感謝して、喜び、叫んでお祈りするとき、与えて下さいました。

神さまが、車検の費用を与えて下さった事を、心から感謝しました。

しかし、パワーポンプの油のにじみとエンジンのパッキンからのオイルのにじみは、洗浄することによって、車検に合格することが出来ました。タイヤもぎりぎりで車検を合格しました。

ですから、安全に走行するためには、悪い所を修理することが必要でした。

車検後、特に、パワーポンプの油にじみは、激しくなりボタボタと漏れつづけていました。

駐車場には、油が毎日毎日ボタボタと溜まり、洗剤で何度も洗い、水を流しても、油がにじみ出て来ていました。駐車場に、油が浸透していたのです。

この事も、毎日、徹底して感謝して、喜び、速やかに修理が出来安全に走れるように、叫びお祈りしました。

走行距離は、毎日30~50kmありました。

教会の牧師の奉仕だけでなく、アルバイトの警備の仕事もハードで、毎日、日没過ぎまでありました。

そのような中で、毎日、徹底して感謝して、喜び、速やかに修理が出来安全に走れるように、叫びお祈りしました。

すると、ある方から妻に、「12、12、12・・・と神さまに示されます。ですから、捧げます。」と、電話がありました。

そのことを、妻から電話がありました。

私は、「12、12.12・・・・・」と言うのは、12万円だと思っていました。

しかし、仕事の休み時間に、近くの郵便局に行ってみると、多額の献金が入っていました。

びっくりして、思わず感動して、涙が出て来ました。

その献金は、私の思いをはるかに超える多額の献金だったのです。

この方は、電話してみると、「早く捧げなければならない。12月中に、速やかに捧げなければならない。」と、思わされたそうです。

神さまは、素晴らしい方で、最悪な状況をご存じで、早急に修理費用を与えて下さいました。

神さまに、心から感謝します。

即、車の修理会社に電話して、部品を取り寄せてもらい、修理することが出来ました。

パワーポンプの部品、エンジンのパッキンそして、タイヤも新しい物に、交換して頂きました。

しかし、パワーポンプの油漏れの修理は、完全ではなく、まだ漏れたので、再度、修理することになり、その後は、油漏れは完全に止まりました。

ハレルヤ!!!感謝します。

その費用も、上回る献金でした。

そのため、教会の礼拝や、コンサートなどで使用する、スピーカーが1本壊れており、キーボードも壊れていたので、新しい物を購入しました。

それだけでなく、冬の白馬キャンプの費用も与えられ、驚くべき祝福が与えられました。

最悪の問題を、毎日徹底して感謝し、喜び、叫び、お祈りする時、素晴らしい神さまの奇跡と圧倒的な勝利を体験しました。

神さまの祝福が溢れるばかりに、注がれている事を、心から感謝いたします。

皆様の上にも、神さまの祝福が溢れるばかりに、注がれますように。

 

akashi2

 ≪北九州空港のコンサートにて≫

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

「いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。」(ピリピ4章4節)

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ人への手紙8章28節)

Posted in 教会の恵み

「神のストーリー」(No.197)

kitakyusyu1
≪「冬の白馬キャンプ」に行く時、「羽田空港」で写した写真≫
このキャンプも、祝福され、喜びに満たされました。

感謝します。
Eです。
「思わず笑顔」になった証しを、させていただきます。。
今日は、「今だから話せる隠し事」のお証しをします。
私はよく、品がいいね、とか育ちが良さそうだね、などと言われます。
しかし、それを聞くとぞっとしてしまいます。
小さいころはとても悪かったからです。

両親がクリスチャンで、母のお腹にいるころから教会に通っていました。
赤ちゃんのころはとてもよく寝る子でした。
集会中ぐっすり眠っていてくれて助かったと、いまだに母は言います。
ぐっすり寝ている中でも賛美が始まると、完璧なリズムで手拍子をしていたそうです。

両親は、朝から晩まで仕事に教会の奉仕にと忙しくしていました。
教会から帰るころには、私が誰に抱っこされているか、どこにいるのか探していたそうです。

以前、行っていた教会では、年に一度 阿蘇で聖会がありました。そして、月に一度 大牟田で、聖会がありました。
大牟田教会での聖会は、九州各地から参加されていて、顔見知りの方が多く、また両親は奉仕に忙しかったので、仲のいい子といたずらをしまくっていました。

会堂の後ろや二階の宿泊室で走り回ることはおろか、大牟田教会の牧師さんの娘さんの自転車を乗り回したり、布団部屋に入ってきれいに重ねてある布団をトランポリン代わりにしてぐしゃぐしゃにしたり…

極めつけは、講壇の10段の階段に寝そべって上からごろごろ転がったり…
さすがにそれは、知らない方に怒られました。

これだけ悪かったにもかかわらず、…今も悪いですが!?…
神さまが、恵みによって、「北九州生ける神の教会」の「伝道師」として、「奏楽者」、賛美隊の「ホーリースピリットチーム」「北九州ヤング賛美隊」の賛美リーダーとして、用いられています。
主の十字架クリスチャンセンターの群れの教会の恵みによって、「感謝と賛美とリバイバルキャンプ」に導かれ、ハリウッドで路上ライブをして来ました。

kitakyusyu2

主の祝福が溢れるばかりに、注がれていることを、心から感謝しています。

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節)

Posted in 教会の恵み

主が導かれた職場で、数々のいやしと救い 一週間に5人のいやしの祈りは神の恵み!!!

礼拝メッセージを取り次ぐ:イスラエル岡田

礼拝メッセージを取り次ぐ:イスラエル岡田

〈主が導かれた交通誘導のアルバイト〉
感謝します。主の十字架クリスチャンセンター北九州生ける神の教会のイスラエル岡田です。

この北九州市に、主によって遣わされ、13年目に入りました。

主と、群れ(グループ)の教会の恵みによって、驚くべき恵みと祝福を体験させて頂いています。

群れの賛美の恵みによって、毎月コンサートが行われ、北九州市の全域で行われています。コンサートが行われた場所でも、次々に、いやしや救いが起きています。

その中で、素晴らしい経済の訓練が許され、主はアルバイトを導かれ、交通誘導の警備会社に勤務することになり、5年7ヶ月になりました。

5年前に、警備会社の本社で「ゴスペルコンサート」が行われました。主の祝福が溢れるばかりに注がれた素晴らしいコンサートで、帰る時、主はアーチの虹を現して下さいました。

今、その虹の約束の成就を見始めています。

〈賛美隊の働きとカリスマの働き〉
この会社を通して、北九州全域だけでなく、近隣の地域、みやこ郡、刈田町、行橋市、豊前市、田川郡、飯塚市、直方市、中間市、遠賀郡、若宮市など、多くの地域に遣わされ、主の驚くべき、いやしと救いのわざが起きています。

その中で、「痛風のいやし」「激しい腹痛のいやし」「捻挫のいやし」「急激な体調不良のいやし」(この方は、「1週間も生きられない。」と言っておられましたが、いやしの祈りを通して、今は、元気に仕事をしておられます。)など、いやしがどんどん起きています。

そして、警備会社の方、業者の方、地域の住民の方など、沢山の方の救いが起こされています。2月の北九州カリスマ聖会に、東京アンテオケ教会から、パウロ秋元牧師ご夫妻が来られ、「賛美隊が更に祝福され、カリスマの働きが祝福される。聖歌隊の働きも成される。それは、小さなものではなく、非常に大きな働きになる。」と語られました。
その後、いやしの働きや、救いが、顕著に現れてきています。「求めなさい、そうすれば与えられます」(マタイの福音書7章7節)にあるように、いやしの祈りをする時、いやしが起きることが語られています。

礼拝メッセージ前の賛美:天の賛美隊・不思議

礼拝メッセージ前の賛美:天の賛美隊・不思議

〈2週間続いた、39度の熱がいやされた〉
そのアルバイト先の警備会社の同僚の隊員の方が、仕事中に「薬を飲んで来ます」と言われたので、「どこが悪いのですか」と聞くと、「2週間前から、高熱が続いています」と言われました。

「いやされるように、祈りましょう」と言うと「はい」と言われ、祈らせていただきました。主が触れておられました。仕事が終わって、再度いやしのお祈りをさせていただきました。

すると、「すごく楽になりました」と言われました。この方は、座薬を入れて、仕事をしておられました。
翌日、確認すると、「2週間前から、続いていた39度の高熱が、完全に治り、もう、座薬は入れていない」と言われました。

〈一か月前から続いていた太ももの痛みが完全にいやされた〉

警備会社の同僚の隊員の方に、「体の調子は、どうですか」と聞いたところ、「一ヶ月前から太ももが痛くて、立つのもやっとです」と言われました。いやしの祈りをさせていただいた後、「すごく、楽になりました」と言われました。翌日、「その後、どうですか」と聞くと、「完全に治りました。病院よりすごいですね」と言われました。

〈まぶたの水膨れがいやされた〉
派遣先の業者さんが、まぶたに、急に水膨れが出来ました。その事を、同じ仕事を行っておられた会社の方々と、話しておられました。水膨れは、どんどんみるみる大きくなっていきました。同僚の方も、「あっ!だんだん、大きくなった!」と言われていました。そのため、その水膨れが、完全にいやされるようにお祈りさせていただきました。30分ぐらいしてから、確認すると、水膨れが完全にいやされ、跡形もなくなっていました。

〈突然のいやしの依頼の電話が〉
アルバイトのため移動中、突然、携帯電話が鳴りました。警備で遣わされた某会社の監督さんからでした。「岡田さん。ぎっくり腰で、3日間仕事を休んでいます。病院に行っても、治りません。祈って下さい。」と言われました。そのため、いやしの祈りをさせて頂きました。

後で、確認すると、「祈ってもらった後、完全に治りました。」と言って、喜んでおられました。そして、心配して来られたお母さんを車で実家まで送られたそうです。この方は、以前、肩の痛みがいやしの祈りを通して、いやされた方で、救われています。

〈 アルバイトの帰りに、緊急電話〉
アルバイトの帰りに、緊急電話で、「牧師さん。血圧が190で、脈拍が96になりました。御飯も食べられません。祈って下さい。」と言われました。そのため、いやされるように、お祈りさせていただきました。すると、15分後、「血圧が130で、脈拍が70になりました。」と、喜んで電話がかかってきました。
この日は、バス道路の舗装で、朝8時から夕方7時まで、昼食も休憩もない立ちっぱなしのハードな仕事の帰りで、私自身はふらふらの状態でした。しかし、主が圧倒的な勝利を現されました。

介護老人保険施設 みやこ:天の賛美隊・不思議

介護老人保険施設 みやこ:天の賛美隊・不思議

〈警備会社の本社の近くでも、救いが〉
勤務先の会社の近くの自動販売機でお茶を買おうとした時、中学3年生から「受験票を忘れたので、お母さんと連絡を取るので、携帯電話を貸して下さい」と言われ、お貸ししました。

帰りに、友達3人で携帯を返しに来られた時、福音を語る機会が与えられ、3人とも救われました。
この時、教会の週報、月刊誌「雲の間にある虹」、み声新聞をお渡しすることができました。

このように、主が遣わしてくださったアルバイト先で数々のいやしのわざを見ることができています。また、救われる方もあり、神さまのことばの真実と栄光を見ています。
聖書に、9つの御霊の賜物が書いてあり、その中の1つに、「いやしの賜物」があります。群れ(グループ)の教会は、その「9つの賜物」を用い、「いやしの賜物」も用いている教会です。
また、主の十字架神学校で、1週間に5人のいやしの祈りの宿題が出ています。この「いやしの賜物」を用いて、祈っています。その恵みは、非常に大きいことを思わされています。

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています」(ローマ人への手紙8章28節)とあるように、主は全てを益として、働いておられます。
主に栄光をお返しいたします。

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイの福音書7章7節)
「彼の打ち傷によって、私たちはいやされた」(イザヤ書53章5節)
「ある人には同一の御霊によって、いやしの賜物が与えられ」(コリント人への手紙第一12章9節)

【第678号み声新聞に掲載される】

Posted in 教会の恵み