いやし

「神のストーリー」(No.248)

「天の喜びの器ハンナさん」 <実家に導かれ、素晴らしい体験し、喜びに溢れる(2022.1.15)> 

実家に導かれ、溢れるばかりに祝福されました。!!!

 2022.1.15 

 感謝します。 

北九州生ける神の教会の天の喜びの器ハンナです。 

神のストーリーを読んで下さり、感謝します。 

今日は、「2022年、必ず祝福される年!」で、「実家に導かれ、溢れるばかりに祝福されました。」の証をさせていただきます。 

私の母は、6月に90歳になります。 

母は、広島から更に、約2時間かかるところの田舎に住んでいます。 

その母に、何年か振りに、会いに行くことが出来ました。 

コロナ禍になり、なかなか、気になりながらも会いに行く事議できませんでした。 

ただ、電話で話し様子を知る事しか出来ませんでした。 

母は、一年半くらい前までは、一人で住んでいましたが、今は、末の妹が一緒に泊まり込んで母のお世話をしてくれています。 

私に出来る事は、母が、神さまに日々守られ、祝福されるように祈る事でした。 

そんな中、牧師の主人に神さまが、母の所に行くように導いて下さいました。 

主人に、「火曜日から広島に行くから、用意しておいて。」と言われました。 

私は、「えっ!母の所に行けるの?」と聞くと、「導かれたから。」と。 

でも、母には言わないで行きました。 

もし、行けなくなったら、がっかりさせてしまうからです。 

主人は、出発当日の火曜日、役所で教会の用事を済ませてから、11:00ごろ出発しました。 

広島に入ると、マップを見ながら行きましたが、かなり様変わりしていて、さっぱり分かりませんでした。 

ただ、地名は懐かしく、思い出しながら、景色を楽しみながら行きました。 

実家に着くと、妹も母もびっくりしていました。 

そして、とても、喜んでくれました。 

音信不通だった、弟にも会う事が出来ました。 

神さまの溢れるばかりの祝福を、体験しました。 

実家に、2泊3日の滞在でしたが、神さまの祝福が、溢れるばかりに、注がれました。 

素晴らしい交わりの時となりました。 

実家に着いた時、母は、胸が痛いと言って、苦しそうに寝ていました。 

少し動くだけでも、ハァハァと言っていました。 

とても苦しそうでした。 

そのため、牧師の主人が、神さまに完全にいやされるように、主イエス・キリストの御名によってお祈りしました。 

すると、笑顔になり、いやされました。 

話をして、食事をおいしいと言って、喜んで食べていました。 

胸の痛みと苦しみをいやして下さった神さまに、心から感謝いたします。 

神さまは、素晴らしい方で、ポイントの時に、実家に導いて下さいました。 

すべてを益として下さり、お母さんをいやして下さったことを、心から感謝いたします。 

実家は、瀬戸内海にあり、大好きな瀬戸内海の美しい朝焼けの海も見る事が出来ました。 

そして、帰りには、パラパラと雨が降り始めたかと思うと陽が差して来て、素晴らしい虹が出ました。 

こんな事が、3度も虹が出ました。 

こんな素晴らしい虹を3度見るのは、初めての体験でした。 

神さまが、この年、素晴らしい事をなして下さるんだと思わされました。 

今回の実家行きのために、バックで祈って下さった方々と、溢れるばかりに祝福して下さった神さまに、心から感謝いたします。 

「2022年、必ず祝福される年!」で、「実家に導かれ、溢れるばかりに祝福されました。」の証を、読んで下さり、ありがとうございました。 

みなさんにも、「2022年、必ず祝福される年!」となられますように、お祈りしています。 

2022.1.14 天の喜びの器ハンナ 

「天の賛美隊・不思議」 <Instagram Gospelコンサート:日本、世界へ神の愛を(2022.1.16)> 

 

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節) 

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節) 

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節) 

「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節) 

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節) 

Posted in いやし

「神のストーリー」(No.247)

 「TLEA北九州生ける神の教会牧師:イスラエル岡田さん」 <緊急電話があり、神さまにお祈りが導かれ、神さまの圧倒的な勝利を体験される> 

救急車で運ばれるような自律神経失調症が完全に瞬時にいやされました。!!!

2022.1.10 

感謝します。 

北九州のイスラエル岡田です。 

「神のストーリー」を、読んで下さり、ありがとうございます。 

今日は、「2022年、必ず祝福される年!」で、「救急車で運ばれるような自律神経失調症が完全に瞬時にいやされました。」の証をさせていただきます。 

この方は、私が、アルバイトの交通誘導の警備で遣わされた会社の方です。 

信号機関係の会社に勤務されています。 

この方は、筋肉質の方で、肩が激しく痛んでいました。 

そのため、牧師であることをお話しして、いやしのお祈りをさせて頂きました。 

すると、完全にいやされました。 

次に会った時、イエスさまを信じ救われました。 

「電話番号を教えて下さい。」と言われました。 

そのため、電話番号をお教えしていました。 

 

すると、何年かたって、会社の玄関の前で倒れてしまわれました。 

救急車で、病院に運ばれました。 

検査の結果、ストレスによる自律神経失調症と診断されました。 

点滴を打たれ、午後には帰宅されました。 

頭は重く、思索も体も重くどうしようもありませんでした。 

しかし、2~3日このような状況でした。 

仕事をしなければならないと思われ、出勤されました。 

会社から信号機関係の現場に行かれました。 

ところが、頭は重く、思索も体も重くどうしようもありませんでした。 

仕事に集中できず、ミスをして事故を起こしては、ならないと思われました。 

そのため、上司の方に、今の状況を話され、帰宅されました。 

帰宅してすぐに、教会に電話がありました。 

状況をお聞きして、自律神経失調症が完全に、速やかに、いやされるようにお祈りしました。

「天の賛美隊・不思議」  <Instagram Gospelコンサート:日本、世界へ神の愛を(2022.1.16)> 


「天のお父さま、この方は自立神経失調症です。 

会社の玄関の前で倒れられ、救急車で病院に運ばれました。 

検査の結果、ストレスによる自律神経失調症と診断されました。 

頭が重く、思索も重く、体も重く、思うように動けません。このことを、感謝いたします。 

主イエス・キリストの御名によって、完全に、速やかにいやして下さい。 

イエス・キリストの御名によって、命ずる自律神経失調症よ。いやされよ。いやされよ。いやされよ。・・・・・」とお祈りすると、瞬時に、 

「頭も思索も身体も、いやされスッキリしました。」と言われ、びっくりしておられました。 

それ以降、このような症状は全くなく、完全にいやされ、喜びに満たされ、日々の生活を送っておられました。 

聖書にあるように、御霊の賜物の一つのいやしの賜物の働きは、素晴らしいことを思わされています。 

 

TLEAの群れの教会では、いやしの働きが、3倍、4倍以上になったと語られています。 

いやしの働きを通して、2022年さらに、主の祝福が溢れるばかりに、注がれることを思わされています。 

病になったら、お祈りして病院に行き治療を受ける事は、重要です。それとともに、神さまにいやしを求めて、お祈りすることは重要です。 

神さまは、いやしのお祈りを通して、直接いやされます。そして、医療を通してもいやされます。 

TLEAの群れの教会では、この両方を用いることを、お勧めしています。 

今日は、「2022年、必ず祝福される年!」で、「救急車で運ばれるような自律神経失調症が完全に瞬時にいやされました。」の証を、読んで下さり、ありがとうございました。 

これで、証を終わらせていただきます。 

 

「聖所から流れる命の水」 <Instagram Gospelコンサート:日本、世界へ神の愛を(2022.1.16)> 

 

 「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節) 

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節) 

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節) 

「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節) 

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節) 

Posted in いやし

「神のストーリー」(No.245)

「天の喜びの器ハンナさん:前列の左側」 <一年の感謝の礼拝in皿倉山:参加された方(2021.10.30) > 


一年の感謝の礼拝 in 皿倉山で激しい蕁麻疹がいやされた。!!! 

2021.11.15 

 感謝します。 

北九州生ける神の教会の牧師夫人の天の喜びの器ハンナです。 

「神のストーリー」を、読んで下さり、ありがとうございます。 

今日は、「新しいことが始まる予感がする11月」で、「一年の感謝の礼拝in皿倉山で激しい蕁麻疹がいやされた」の証をさせていただきます。 

The Light of Eternal Agapeの群れでは、「11月を新年としなさい。」と神さまに導かれています。 

The Light of Eternal Agape北九州生ける神の教会では、年度末になる10月末に毎年、「一年の感謝の礼拝in皿倉山」での一年の感謝の礼拝が行われています。 

この礼拝が始まって、20年くらいになります。 

今回、10月30日に行われました。 

以前は、教会を、5時過ぎに出て、皿倉山の途中の9合目まで車で上がっていました。 

駐車場に、車を止めてから歩いて頂上まで登っていました。 

私は、歩くとひどい蕁麻疹が出来て、気分が悪くなり、歩けなくなっていました。 

そのため、いつも、蕁麻疹との闘いの中、必死に神さまに、「助けて下さい。」と祈り、休みながら歩いて、頂上まで登っていました。 

そして、皿倉山の山頂(標高622m)につき、一年間の感謝の礼拝をささげています。 

神さまは、毎年沢山の溢れるばかりの祝福を与えて下さり、完全に守って下さっています。 

そのことを徹底して、感謝をささげています。 

でも、ある年は、まだ暗く、途中で休んでふっと周りを見た時、素晴らしい夜景が広がっていました。皿倉山は、日本三大夜景の中に入っています。 

今までは、すごい霧だったり、雨が降って道路が川になって流れてくる中で、ほとんど、夜景の美しさを見たがありませんでした。 

しかし、ある時、しばし、立ち止まって素晴らしい景色に見とれていました。 

その時でした。 

「あっ!抜けた!!!」となぜか、そう思ったのです。 

そして、「ひどい蕁麻疹」がいやされたと思いました。 

心の中の深い所から、喜びが湧き上がって来ました。 

その時から、ひどい蕁麻疹が完全にいやされたのです! 

 

「喜びに溢れる天の喜びの器ハンナさん」 

神さまが、「一年の感謝の礼拝in皿倉山」に、従う中で、触れて下さり、激しい蕁麻疹を完全にいやして下さいました。 

神さまに、心から、感謝いたします。 

大雨で、皿倉山の道路が崩れ、整備されたため。関係者以外は車で行けなくなりました。 

しかし、ロープウエイとスロープカーで頂上まで、約12分で行けるようになりました。 

楽しみながら、頂上で素晴らしい「一年の感謝の礼拝」をささげています。 

今回は、車椅子の方も若い方も参加出来ました。 

祝福して下さった神さまに、心から感謝いたします。 

「新しいことが始まる予感がする11月」で、「一年の感謝の礼拝in皿倉山で激しい蕁麻疹がいやされた」の証を、読んで下さり、ありがとうございました。 

 

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節) 

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節) 

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節) 

「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節) 

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節) 

Posted in いやし