いやし

「神のストーリー」(No.245)

「天の喜びの器ハンナさん:前列の左側」 <一年の感謝の礼拝in皿倉山:参加された方(2021.10.30) > 


一年の感謝の礼拝 in 皿倉山で激しい蕁麻疹がいやされた。!!! 

2021.11.15 

 感謝します。 

北九州生ける神の教会の牧師夫人の天の喜びの器ハンナです。 

「神のストーリー」を、読んで下さり、ありがとうございます。 

今日は、「新しいことが始まる予感がする11月」で、「一年の感謝の礼拝in皿倉山で激しい蕁麻疹がいやされた」の証をさせていただきます。 

The Light of Eternal Agapeの群れでは、「11月を新年としなさい。」と神さまに導かれています。 

The Light of Eternal Agape北九州生ける神の教会では、年度末になる10月末に毎年、「一年の感謝の礼拝in皿倉山」での一年の感謝の礼拝が行われています。 

この礼拝が始まって、20年くらいになります。 

今回、10月30日に行われました。 

以前は、教会を、5時過ぎに出て、皿倉山の途中の9合目まで車で上がっていました。 

駐車場に、車を止めてから歩いて頂上まで登っていました。 

私は、歩くとひどい蕁麻疹が出来て、気分が悪くなり、歩けなくなっていました。 

そのため、いつも、蕁麻疹との闘いの中、必死に神さまに、「助けて下さい。」と祈り、休みながら歩いて、頂上まで登っていました。 

そして、皿倉山の山頂(標高622m)につき、一年間の感謝の礼拝をささげています。 

神さまは、毎年沢山の溢れるばかりの祝福を与えて下さり、完全に守って下さっています。 

そのことを徹底して、感謝をささげています。 

でも、ある年は、まだ暗く、途中で休んでふっと周りを見た時、素晴らしい夜景が広がっていました。皿倉山は、日本三大夜景の中に入っています。 

今までは、すごい霧だったり、雨が降って道路が川になって流れてくる中で、ほとんど、夜景の美しさを見たがありませんでした。 

しかし、ある時、しばし、立ち止まって素晴らしい景色に見とれていました。 

その時でした。 

「あっ!抜けた!!!」となぜか、そう思ったのです。 

そして、「ひどい蕁麻疹」がいやされたと思いました。 

心の中の深い所から、喜びが湧き上がって来ました。 

その時から、ひどい蕁麻疹が完全にいやされたのです! 

 

「喜びに溢れる天の喜びの器ハンナさん」 

神さまが、「一年の感謝の礼拝in皿倉山」に、従う中で、触れて下さり、激しい蕁麻疹を完全にいやして下さいました。 

神さまに、心から、感謝いたします。 

大雨で、皿倉山の道路が崩れ、整備されたため。関係者以外は車で行けなくなりました。 

しかし、ロープウエイとスロープカーで頂上まで、約12分で行けるようになりました。 

楽しみながら、頂上で素晴らしい「一年の感謝の礼拝」をささげています。 

今回は、車椅子の方も若い方も参加出来ました。 

祝福して下さった神さまに、心から感謝いたします。 

「新しいことが始まる予感がする11月」で、「一年の感謝の礼拝in皿倉山で激しい蕁麻疹がいやされた」の証を、読んで下さり、ありがとうございました。 

 

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節) 

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節) 

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節) 

「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節) 

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節) 

Posted in いやし

「神のストーリー」(No.243)

「天の賛美隊・不思議」<Instagram Gospelコンサート:日本、世界へ神の愛を(2021.10.3) >



心臓の壊死したところに血管ができました。!!!≫

2021.10.9

 

感謝します。

北九州生ける神の教会の牧師のイスラエル岡田です。

「神のストーリー」を、読んで下さり、ありがとうございます。

今日は、「秋深まって知る、深~い神の愛」で、「心臓の壊死したところに血管ができました。」の証をさせていただきます。

教会のラインでの祈祷会の参加されている方のお父さんは、77歳です。

このラインで祈祷会に、参加されているある方は、20年以上のパニック症候群でした。

その方は、この祈祷会に参加された日に、祈祷会の中のいやしのお祈りを通して、パニック症候群が完全にいやされました。

明るさなられ、元気になられました。

今では、賛美を高らかに賛美されています。

この祈祷会に参加されている全員、この祈祷会の中で、病がいやされ、疲れがいやされ、つらい思いから解放され、喜びに満たされています。

この方は、口内炎になられました。

リンパも腫れ、激しい痛みがありました。

この祈祷会で、いやしのお祈りをすると、「岡田牧師大変な事がおきました。」と言われました。

そして、「口内炎で唇が炎症して、5ミリぐらいの炎症が一瞬になくなりました。」感謝します。

「リンパの腫れもなくなり、痛みが全くありません。」と言われ、喜びに満たされました。

ある方は、体全体が、重く、疲れておられましたが、この祈祷会で、いやしれ、すっきりされて喜んでおられました。

奇蹟の起きる祈祷会として、神さまが働いておられます。

TLEAの群れの教会では、「いやしの働きが3倍以上になりました。」と語られており、奇跡が起きています。

「聖所から流れる命の水」<Instagram Gospelコンサート:日本、世界へ神の愛を(2021.10.3) >

 

今この教会の祈祷会でも、奇跡が起きています。

パニック症候群が完全にいやされた方のお父さんは、心臓が悪くなられました。

心筋梗塞になられ、そのため手術が行われました。

そのため、心臓が完全にいやされ、心筋梗塞の手術が祝福されるように、全員でお祈りしました。

すると、心筋梗塞の手術は、無事終わりました。

ところが、心臓と肺が炎症していました。

そのため、教会のラインの祈祷会で、完全にいやされるようにお祈りしました。

すると、心臓の炎症と、肺の炎症が完全にいやされました。

そのあと、シワーを浴びられたそうです。

すると、お母さんが喜ばれ、「お祈りして下さった方に、よろしく言ってください。」と言われたそうです。

大変うれしかったのでしょう。

 

「Glory of heaven」<Instagram Gospelコンサート:日本、世界へ神の愛を(2021.10.3) >

 

実は、お父さんの心臓には、壊死したところがありました。

その壊死したところに、新しい血管が出来ました。

お医者さんは、びっくりしおおられました。

心筋梗塞の手術を成功させ、心臓と肺の炎症をいやし、心臓の壊死したところに、新しい血管を造って下さった主に、感謝いたします。

今、お父さんは、退院され、喜びに満たされ、元気に生活しておられました。

TLEAの群れの教会の恵みで、いやしの働きが祝福されていることを心から感謝いたします。

「秋深まって知る、深~い神の愛」で、「心臓の壊死したところに血管ができました。」の証を読んで下さり、ありがとうございました。

これで、話を終わらせて頂きます。

 

「GRACE」<Instagram Gospelコンサート:日本、世界へ神の愛を(2021.10.3) >

 

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節)

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節)

「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節)

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節)

 

Posted in いやし

「神のストーリー」(No.242)

 「天の賛美隊・不思議」<Instagram Gospelコンサート:日本、世界へ神の愛を(2021.9.19) >

 

奇跡の回復といやしが起きました。!!!≫

2021.9.25

感謝します。

北九州生ける神の教会の牧師のイスラエル岡田です。

「神のストーリー」を、読んで下さり、ありがとうございます。

北九州生ける神の教会の牧師のイスラエル岡田です。

今日は、「感染爆発 でも感謝する秋」で、「奇跡の回復といやし」の証をさせていただきます。

教会のある兄のお父さんは、74歳です。

この方は、近くの病院で、歯の痛みのため、歯を抜く治療を受けられました。

その結果、歯周病で菌がたまり、下あごが壊死してしまいました。

食べ物が食べられなくなり、栄養不足になれました。

 

8月3日北九州にある産業医大で「下あごの壊死」の手術が行われました。

この時、歯が見えるぐらい下あごの壊死したところを取られました。

そのとき、すべての臓器の数値が低下していました。

元々心臓が弱く、運ばれた時には、心不全を起こすなど、危険な状態で、ICUに入られました。

そのため、TLEAの群れの教会、九州の教会、北九州生ける神の教会でも、とりなしのお祈りがなされました。

この時の「お祈りの課題」は、

1 一日も早く、栄養が取れ、栄養状態が良くなるように。

2 心不全になることなく、手術に耐えられるように。

3 壊死した皮膚と筋肉の移植がうまくいくように。

 

8月7日に、栄養剤投与のとき、心不全が起きましたが、8月9日に回復し、一般病棟に移られました。

その後、酸素吸入をしながら、リハビリが始まりました。

8月22日に、胃と小腸から出血したため、CTを見ると胃が黒くなっていました。

危険な状態になり、ICUに入られました。

そのため、教会でも、徹底して感謝して、完全ないやしをお祈りしました。

8月24日に、お医者さんの説明があり、家族で産業医大に行かれました。

お医者さんは、「胃と小腸から出血があり、ICUに入りました。今は、出血が止まりました。しかし、一時的と思われるので、1週間後にCTを取り、結果を見ます。」と言われました。

「Glory of heaven」<Instagram Gospelコンサート:日本、世界へ神の愛を(2021.9.19)>

 

この時、奇跡的に、お父さんに面会が出来ました。

家族とは、筆談で話が短い時間出来ました。

お父さんは、少しやせておられましたが、頑張って話しされたそうです。

看護婦さんは、「大変な状況なのに、気丈な方です。」と、言っておられたそうです。

次の「お祈りの課題」は、

1 胃、小腸から出血し、壊死しないように。

2 病原菌が広がらないように。

3 敗血症がいやされるように。

お父さんは、胃と小腸から出血がなくなり、8月30日に、ICUから一般病棟に移られました。

血圧が安定して、不整脈がなくなり、心不全がなくなりました。

神さまに、心から感謝いたします。

その後、ベッドの上でのリハビリが行われました。

あごが壊死して、手術した患部が、回復して盛り上がってきました。

喉に、空気振動の装置を入れ、一言二言話が出来るようになりました。

 

9月9日(木)、家族はお医者さんから話を聞かれました。

お医者さんから、お父さんの前の段階から、今に至るまでに経過を聞かれました。

すると、退院まで1年ぐらいかかると言われていましたが、奇跡が起き、「9月18日(土)に、退院予定と言われました。」退院後、自宅療養になります。

お医者さんは、胃と腸の出血はCTで見ると、良くなっています。

敗血症は、栄養が取れだしたので、良くなりました。

おかゆさんや柔らかいものを、「自分で食べれるようになりました。」

気管の管が取れ、「口から話が出来るようになりました。」

あごの皮膚が、次第に盛り上がってきています。

右のあごは、完全な状態になりました。

ひどかった左あごは、まだふさがっていないところは少し残っていますがね、薬を塗りながら治療されています。

左の唇が下がっています。筋肉がついてくると良くなります。

お医者さんは、「お父さんの回復といやしに、びっくりしておられました。」

 

お父さんとの面会は、看護婦さんが病室から車椅子でお父さんを、連れて来られました。

看護婦さんも、「お父さんの回復といやしに、びっくりしておられました。」

お父さんは、元気で、顔色もよく、体調が良くなり、とりなしのお祈りに感謝しておられました。

「9月18日(土)に、退院されました。

 

「聖所から流れる命の水」<Instagram Gospelコンサート:日本、世界へ神の愛を(2021.9.25)>

 

神さまは、TLEAの群れの教会、九州の教会、北九州生ける神の教会などのいやしのお祈りを通して、奇跡のいやしをなされました。

お父さんの「あごが盛り上がり、移植手術しないでよくなりました。」

そして、「自分で食べれるようになり、口で話せるようになりました。」

あごの移植手術をしなくて済みました。

神さまは、とりなしのお祈りを通して、圧倒的な勝利をあらわされました。

 

神さまは、私たち一人ひとりを、愛しておられます。

あらゆる病がいやされ、祝福を受けてもらいたいと、願っておられます。

教会には、特別な恵みと祝福があることを思わされました。

「感染爆発 でも感謝する春」で、「奇跡の回復といやし」の証を、聞いて下さり、ありがとうございました。これで、話を終わらせて頂きます。

神さまは、私たち一人ひとりを、愛しておられます。

あらゆる病がいやされ、祝福を受けてもらいたいと、思っておられます。

イエス・キリストは、聖書の中で、いやしや解放の御業をなされました。

イエス・キリストは、今も生きて働いておられます。

 

聖書のエペソ1章23節に、「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによ

って満たす方の満ちておられるところです。」とあります。

教会には、特別な恵みと祝福があります。

 

「感染爆発 でも感謝する秋」で、「奇跡の回復といやし」の証を読んで下さり、ありがとうございました。これで、証を終わらせて頂きます。

みなさんに、神さまの溢れる恵みと祝福が、溢れるばかりに、注がれますように、お祈りしています。

「GRACE」<Instagram Gospelコンサート:日本、世界へ神の愛を(2021.8.18)>

 

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(Ⅰテサロニケ5章18節)

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8章28節)

「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7章7節)

「神にとって不可能なことは一つもありません。」(ルカ1章37節)

「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1章23節)

Posted in いやし