主の十字架クリスチャンセンター東京アンテオケ教会

The Lord's Cross Christian Center Tokyo Antioch Church

主の十字架クリスチャンセンター東京アンテオケ教会 header image 2

「あなたの悲しみは喜びに変わる」

離婚でお悩みの方

This post is also available in: 英語 簡体中国語 韓国語

前夫とは、仕事先で出逢い、約2年の交際を経て結婚しました。すぐに新しい団地に家も建て、これから子供も産まれ新しい家族ができる、、はずでした。しかし2年たっても子供ができず、夫婦で不妊治療専門の病院に行きました。原因は一方的に私にありました。若い頃から患っていた子宮内膜症の他に検査の結果先天的に片方の卵管に穴が空いていて受精が難しいことがわかりました。写真と映像を見せられ、不安が襲ってきました。しかしその時神様を知っていて良かったです。同じ団地に同時期に家を建てたクリスチャンの友人がいたのです。彼女は、その当時この信仰のために、ご主人が家を出て行きもう何ヵ月も帰って来ない状況でした。幼い2人の子供と三人で、彼女は夫の帰りを待っていました。彼女は、「うちの旦那は、神様が絶対自分達家族の元に帰してくださる。しかも帰って来て献身し、牧師になり、夫婦で神様に仕えるようになる。」と信じていました。最悪と皆が思う状況で彼女は、教会からずっと離れませんでした。それから、一年半後悔い改めご主人は、帰って来ました
。しかもそればかりではなく、あんなに迫害した教会の献身者となり、今では、牧師となり、夫婦で神に仕え、高校生となった娘達もゴスペルを通して神様を誉め称えています。さて、私の話しに戻りますが、不妊の原因が自分にあるという事が判明した半年後離婚が許されました。ノンクリスチャンの元夫は最後に、子供も出来なくてもいい、信仰を持っててもいい、ただ教会に行くというのがどうしても耐えられなかった、と言われました。身を裂かれる思いで、別れましたが、これは私にとって昔多くの日本のクリスチャン達が通された「踏み絵」であるんだなと思わされました。教会に行かないと言えばその時は、離婚せずにすんだのかもしれません。でもその場しのぎで、ごまかすのは、主の御心ではないし、教会に行かない約束してもすぐ隠れて行くだろうと思いました。神の国と神の義を第一としなさい。そうすればみな与えられます。と聖書に書かれてあります。復縁を祈っていましたが、元夫は、それから一年半年ぐらいたって再婚していました。願っていただけに正直ショック!でしたが、泣きながら、これも神様最善です、感謝します!と踊り上がり主を誉め称え賛美しました、なぜなら、神を愛する人々には、すべてが益になる事を私たちは知っているからです。それから、元夫の新しいお嫁さんと産まれたお子さんのため祝福の祈りが、主の前に捧げる事ができました。それから仕事先で会ってもなんのわだかまりもなく、未練も全くなく、こちらのほうから、懐かしい親戚みたいな感覚で「みんな元気?」と明るく話す事が出来ました。神様は、元夫の家族親族友人にも救いの手をのばしておられることを信じています。天で再会したいと願っています。私は、はたからみれば、夫に離婚された不妊の女ですが、悲しみはありません。キリストのみからだなる教会に行き続ける中で、癒され慰められ喜び平安を受け続けています。「あなたの悲しみは喜びに変わる。」と主は、約束してくださっているからです。これから神様がどんなにか私の人生を祝福してくださるか、楽しみです!主を誉め称えます。

M.O

God is Love.