白内障がいやされました

札幌フィラデルフィア教会のイスラエル菅牧師が今年の1月に脳梗塞で入院されましたが、その時に脳の細胞が壊死してしまったことで目が弱ってしまい、白内障になってしまいました。
しかし、いやしのために祈っていたところ、先日、目にかかっていた膜が完全になくなっており、白内障がいやされました。
主のいやしを感謝いたします。