ImmanuelとDavidが落語会の前座でコンサートを行いました

9/18(日)東京アンテオケ教会のImmanuelとDavidが落語会の前座でコンサートを行いました。

初めてゴスペルを聞く方も多くおられる中、大雨の中でしたが40人ぐらいの方が集われ、いつもはあまり興味を持たれない方や大御所の落語家の方も、ゴスペルを聞いて、とても素晴らしかった。前座のレベルではなくもうプロですね。と耳を傾けておられました。

企画して下さった責任者の方も、ゴスペルのイメージが変わり、こんな素晴らしいものだと思わなかった。前座でこんなに人が集まるのは初めてで、機会があればまたお願いします。と言っておられました。

終わった後も、CDを求めて来られる方や、とても良かった!また来て下さいなど、たくさんの方が声をかけて下さいました。

大雨と雷と地震があり、コンサートの後には、会場の真上に虹が現され、主の働きが進められたことを確信しました。すべて主に栄光を帰します。