心臓の痛みがいやされました

諫早フィラデルフィア教会の小淵美稚子牧師がずっと心臓がギュッと締め付けられるような痛みが頻繁に起こっていましたが、2月の諫早カリスマ聖会のミニストリーでいやしのために祈っていただいたところ、痛みがそれ以来全くなくなりました。

コロナウイルスが糖尿病や心臓病の人に影響が大きいと聞き、このタイミングでいやして下さった主に感謝しておられるとのことです。