四日市シオン教会のしるしと不思議が老人ホームでコンサート

四日市シオン教会のしるしと不思議が、老人ホーム四季の郷さんで、訪問コンサートを行いました。
初めて訪問したこの施設は、認知症の方の老人グループホームで、みんなで一緒に歌うことはできないので、ただゴスペルを聴かせてください!!とのことで、たくさんのゴスペルを聴いていただくことができました。
お一人お一人が、真剣に聴いてくださり、ゴスペルを通して、多くの方の心の深くに、神様が働いてくださって、神様の愛が注がれていました。
目を閉じて、うなづきながら泣いている方もおられました。
施設の職員の方からは、最近ボランティアで来てくださる方が少なくなってきているのでいつでも、またぜひ来てください!!と言っていただきました。
また、一人の職員の方が、「この曲聴いたことがあります!」と。今年の夏に、K兄が市営プールの監視員をしておられ、しるしと不思議のCDを、ずっと流してくれていました。感謝なことに、そのCDが用いられていて、「プールで働いていた時に、毎日聴いていましたよ!」と、ゴスペルを知ってくださっていた方もおられ、とても嬉しかったです!
入所者さんにも、職員の方にも、神様が触れてくださったことを感謝します。