「せかいのおわり」の本がいろいろなところで読まれ始めています

コロナウイルスとの関係だと思いますが、「せかいのおわり」の本がいろいろなところで読まれ始めています。